MotoGP

ドヴィ『今日は競り合っていく準備ができていた』2019オースティンGP



『ドヴィ:今日は競り合っていく準備ができていた』

★4月14日(日)、オースティンGP決勝戦でアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティファクトリー)がグリッド13位スタート(5列目)から4位でゴールした。

★ドヴィツィオーゾ選手は総合首位に返り咲いた。なお、総合2位ロッシ選手とは3ポイント差。

★ドヴィツィオーゾ選手のコメント。

「今日は競り合っていく準備ができてました。オースティンって言うのは諸々の理由により、とにかく厄介なレースなんですよ。
スタートは良かったが、あいにく、その後、けっこうタイムロスをしてしまって…第10コーナーでフロントが切れ込み、転倒しそうになってたんですよ。
でも、その後はモルビデッリと一緒になって、リズムを掴んで行きました。モルビデッリはコーナー旋回が僕よりずっと速かったんですが、でも、第12コーナーと直線で挽回して行けたんです。
何周か後、どうしていつも第10コーナーでフロントが切れ込みそうになるのか分かったんですが…濡れた箇所が残ってたんですよねぇ。まぁ、新アスファルトの水はけがイマイチだったってことでしょう。
ある時点から、表彰台もイケルんじゃないかって思い始めて…でも、ペースが出てなかったんです。
最終的には速い走りができていたし、総合首位でヘレス戦を迎えられることができました。
マシンは去年により良くなっているが、まだ充分ではないです。」

(参照サイト google 翻訳:『Motograndprix』)


アルゼンチン3位でドヴィ選手ががっかりしてたって話は無料閲覧『note』で!!

created by Rinker
¥351
(2019/05/23 00:26:10時点 楽天市場調べ-詳細)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP