MotoGP

ヴィニャーレス『強いスタートでプッシュして行くことに集中した』2019セパンGP

『ヴィニャーレス:強いスタートでプッシュして行くことに集中した』

★11月3日(日)、セパンGP決勝戦でマーヴェリック・ヴィニャーレス(ヤマハファクトリー)が優勝した。

★ホルヘ・ロレンソ風ハンマーモードの独走逃げ切り戦法だった。

★フィリップアイランド戦ではマルク・マルケスとの首位争いの最中、最終ラップで転倒リタイヤとなり、今回はその雪辱を果たした。

★ヴィニャーレス選手のコメント。

「金曜FP1から優勝争いできることは分かっていたんですが、最終的に上手くいきましたね。
本当に嬉しいですよ。チームと一緒に物凄い作業をこなし、きちんと結果を出すことができたんですから。もちろん、楽ではなかったんですよ。セパンのレースは長くて厳しいから。でも、自分のポテンシャルがどの程度のものか、僕の中でははっきりしてたんで。」

【どんなレースだったの?】
「強いスタートを切って、できるだけプッシュして飛び出していきたいと思ってました。あいにく、フィリップアイランドではそれができなかったけど、今回はとにかく最初からプッシュして、タイムロスを抑えることばかり考えてたんです。
マルクが後ろに付いた時は『チクショー』ってつぶやいてましたよ(冗)。でも、自分のスピードには自信があったんで、自分のリズムを刻むことに集中していました。
最後は持てる力の全てを出し切り…タイヤ消耗のリスクは考えつつも、気にはしてませんでした。2秒以上引き離すことができ、みごとに優勝を勝ち取りましたよ。」

【今回の勝利の鍵は?】
「昨日の予選ではPPが取れそうだったのに、僅差で逃してしまったんです。でも、今朝のウォームアップで上手く作業をすすめることができ、マシンのエリアのいくつかを改善することが出来ました。その辺が鍵となり、レースで戦闘力を上げられたんですよ。レース終盤なんか特にね。
ミザノやシルヴァーストン、ブリーラムの時もレース終盤が走りやすかったんですが、でも、他のライダーに引き離されてしまい、追い上げても無駄だったんです。」

【昨日、『Idemitsu Asia Talent Cup』決勝戦で亡くなったAfridza Munandar選手については…】
「今回の勝利は彼に捧げます。レースのことが本当に大好きだったんですから。
僕らライダーは皆、オートバイに情熱を捧げているけれど、この情熱は危険なものでもあるんです。だから、この勝利を彼に、そして、彼に勝ち取って欲しいと思っていた全ての方々に捧げます。」


(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)


たとえ転倒リタイヤでも豪戦のヴィニャーレス選手は高評価だったって話は有料閲覧『note』で!!

POSTED COMMENT

  1. maxtu より:

    勝利の要因は珍しくスタートが決まったのと序盤から速さを出せたことで、何か改善策を見つけたのだろうか?

    パッシングも上手い方がじゃないから今回のような先行逃げ切りが合ってるし、このパターンに持込めれば勝率も上がるはず
    まるでYAMAHA時代のロレンソを見てるようでした

  2. ヤマハ好き より:

    いやー、ヴィニャーレスやりましたね!
    12コーナーの進入なんかフロント浮いたまんま右から左に切り返して縁石の上に着地しながらブレーキングなんて、ぶっ飛んでますよね!こんな極端にコース幅使う走りするのヴィニャーレスだけだから見てて楽しい!
    最終戦も楽しみです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP