MotoGP

ロレンソ談1『ビアッジは僕より寂しそうだった…』2019バレンシアGP

『ロレンソ金曜FP終了後コメント1』

★11月15日(金)、ヴァレンシアGPでホルヘ・ロレンソ(ホンダファクトリー)が、FP1で18位、FP2で16位だった。なお、FP総合は16位。

★ロレンソ選手のコメント。

【何年か前からマックス・ビアッジと良好関係にあるが…引退については?】
「昨日、連絡しました。なんか僕よりも寂しそうにしてましたよ。
(ビアッジが)引退してからずっと、僕の一番のサポーターでいてくれてましたからね。電話での連絡も頻繁に取り合ってきたし、面と向かって話し合ったことも何度もあるんで。一緒に過ごしたりもしてね。
普通のファンとかじゃなく…僕にとっては本当にサポーターって感じで。
ちょっと寂しそうな感じでしたね。ただ、友人としては『良かったな』って喜んでくれました…これからは別の人生を堪能していけるわけですからね。」

【引退会見の翌日にマシンに乗ってみてどうだった?】
「昨日はちょっと寂しい気持ちになってたんですが、今朝はとにかくはヘルメットを被って集中しなければって感じでした。
300馬力のマシンに乗り、タイヤのグリップもかなりのものですからね…集中力を欠いたら危険なことになりかねないから。
まぁ、とにかく全体的には満足してますよ。新たな人生に向けて興味もあるし。
でも、とにかく今はレースウィークエンドなんだし、ホンダと共に今シーズン最後の目標に向けて戦ってるわけですからね。
今日の操縦については、状況を鑑みても悪いものだったとは思わないですね。ここ最近のレースよりも良い感じで乗れてたんで、一歩前進できたように感じてます。まぁ、予選2へ進出するのは難しいかもしれないけど、少なくとも15位以内は狙えると思います。
日曜レースでは出来るだけ多くポイントを稼げそうですけどね。」

[ 中編に続く ]


(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)


セパン戦後、ロレンソ選手の飄々コメントに伊メディアが唖然としていたって話は有料閲覧『note』で!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP