MotoGP

ドヴィツィオーゾ『ミラーはプラマック継続がベター』2019バレンシアGP

『ドヴィツィオーゾ:ミラーはプラマック継続がベター』

★11月17日(日)、ヴァレンシアGP決勝戦でアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティファクトリー)が4位だった。

★ドゥカティ勢のレース順位は以下のとおり。

3位ミラー(ドゥカティプラマック)
4位ドヴィツィオーゾ(ドゥカティファクトリー)
転倒リタイヤ:ダニーロ・ペトルッチ(ドゥカティファクトリー)
ケガで棄権:フランチェスコ・バニャイア(ドゥカティプラマック)

★総合順位ではキャリア最多ポイントを獲得したものの、3年連続2位となった。

★ドゥカティ勢の総合順位は以下のとおり。

2位ドヴィツィオーゾ(269ポイント、ドゥカティファクトリー)
6位ペトルッチ(176ポイント、ドゥカティファクトリー)
8位ミラー(165ポイント、ドゥカティプラマック)
15位バニャイア(54ポイント、ドゥカティプラマック)

★ドヴィツィオーゾ選手のコメント。

「焦る必要はないんでしょうね。今シーズンについて理性的に考えるならば、ホンダとマルケスのコンビがとにかく大きな差を付けて独走していたのは確かなわけで…つまり、あのコンビを倒そうと思ったら、誰にとっても非常に厄介な話なわけですよ。
ただ、そう言う目で見てはいけないのだと僕は思ってるんです。
モトGPシーズンは毎年違っていて、あらゆる面において色々なことが起きますから。例えば、マシン開発に関してとか、転倒等々…。」

【(ホンダ&マルケス組に)接近していくには、そう言うことが鍵となる?】
「ドゥカティで僕らができることは唯一つ…この何年間と同じように作業を進めていくことだけです。火曜からのヴァレンシアテストでは、もう、使える新パーツで最大限にプッシュして、なにか興味深いものが出てきてくれるかどうか探っていかないと。
どの方向に進むかを見極めるのは厄介だろうけど、火曜日にはデータももっとあるわけだし。」

【今日のレースについては?】
「表彰台に上がれなかったのが残念だったけど、今日はトラックコンディションにけっこう合わせていかなければならなかったから。
とにかく、満足はしてますよ。レースでは速い走りができていたんで。身体の方も好調で、上手くプッシュもしていけたし。」

【今日、ドゥカティ勢で表彰台に上がったのはジャック・ミラーだけで、しかも今季5回目の表彰台…しかし、来年もプラマック継続だが…】
「ミラーは常に判断しづらいんですよ。各サーキットで実に速いのだけど、リザルト的にはあまりコンスタントじゃないんでね。
今年は物凄いレースを何回かしていて…プラマック継続はもっとコンスタントになるには良いことなんじゃないんですか。」


(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)


ドゥカティが有力ライダーに声をかけまくってるって話は無料閲覧『note』で!!

POSTED COMMENT

  1. suezo より:

    来年、ドビが引退しなくてもペトルッチを放出して、クアタラロを入れるつもりなんですね

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP