MotoGP

ペルナット『モトGPは2021年のロッシ現役続行にかかっている』

『ペルナット:モトGPは2021年のロッシ現役続行にかかっている』

★カルロ・ペルナット氏(伊モトGP業界ご意見番、個人マネージャーとしてカピロッシ、シモンチェッリ、イアンノーネ選手らを担当)が4月15日、次のように話した。

[ 前編はこちら ]

【ヴァレンティーノ・ロッシは本来ならば、今シーズンの序盤戦の出来で去就を考えるはずだったのだが…】
「ヴァレンティーノはね、2021年も現役続行しますよ。絶対にね。そうするかどうかにかかってるんだから。なんとか観客の動員数を減らさないためにもね。引退なんかしたら、もう人が来なくなっちゃうでしょ。
カルメロ(エスペレータ、ドルナ代表)だって、よく分かってるんだし。ヴァレンティーノは続投しますよ。レースに心底惚れ込んでるんだから。
(ジャコモ)アゴスティーニなんかはリザルトがどうのこうのって言ってるが、それとこれとは別問題だから。もうタイトルを取ることはないだろうが、表彰台になら何回か上がれるでしょう。」

【モトGP業界の経済問題はどうなっていくの?】
「TVの放送権料が減額修正されるようで…まぁ、朗報とは言えないね。結局、各チームがドルナから受け取る寄与金が少なるわけだから。
ライダーらの契約だって相応なものになるんじゃないかい。あと、ヤマハとホンダに関しては、既に締結済みのマルケスやヴィニャーレスの契約について再交渉していくことになると思いますけどね。
開幕しても、今までとは別物になるでしょうね。各体制にしても、各スタッフの人数にしても。パドックについても見直しがかかるだろうし…招待客なんかについてもね。おそらく、1〜2年はなにかと縮小体制でやっていくことになるでしょう。
レース自体はこれまで通り、素晴らしいものになるだろうが、ただ、資金的にも人員的にも20〜30%削減されるだろうね。」

[ 後編はこちら ]


(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)


ロッシ選手を筆頭にモトGPライダーの恋愛事情について…特に、オリヴェイラ選手の驚きの婚約者についての話は有料『note』で!!

POSTED COMMENT

  1. 9191 より:

    ロッシが引退しても今はマルケスというスーパースターがいるからロッシがいなくてもmotogpの人気は低迷しないと思う。

  2. ジョルジョ99 より:

    特に欧州のGP観戦された方はご存知だと思いますが、バレ人気は他のライダー比ではないと思います。
    コースの応援団も同様です、あの一団が居なくなると、流石にドルナも心配では?と考えちゃいますね。

  3. 修羅朱種酒 より:

    >もうタイトルを取ることはないだろうが
    いい切っちゃったよおい。
    本人は10回目に固執して現役続けてるのに・・・多分な。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP