MotoGP

ペルナット『ライダー1名にマシン1台なんて絶対ダメ!』



『ペルナット:ライダー1名にマシン1台なんて絶対ダメ!』

★カルロ・ペルナット氏(伊モトGP業界ご意見番、個人マネージャーとしてカピロッシ、シモンチェッリ、イアンノーネ選手らを担当)が4月15日、次のように話した。

【先日、ジジ・ダッリーニャが『モトGPもライダー1名につきマシン1台でやろう』と言う案を出していたが…】
「今回はジジに賛成できないね。よもや、こんな提案をジジがしてくるとはねぇ。
モトGPでライダー1名につきマシン1台なんて絶対に駄目でしょう。最高峰クラスなんだから。経費削減したければ別の方法を模索すべきであって、こればっかりは駄目ですよ。
まず、見ごたえって意味で駄目でしょう。もしマルケスやヴァレンティーノ(ロッシ)がマシンを壊して、もう走れないなんてことになったらどうすれば良いんだい。もう、そこまで行ったら、完全に現実離れしすぎだろうが。
いざとなったら、各チームの人員を減らす方が良いように思うがね。あと、緊急用のサブマシンを用意しておくってのには賛成できるかもね。ただし、あくまでも、こう言う非常体制下のみの話だが。
実際に実施していけそうな案だし、とにかくコスト削減はできるわけでしょう。
あと、レースウィークエンドの日数を減らすって言うのも、賢い提案って感じがするけどね。FPセッションが1回減ったぐらいで人生変わるわけでもないんだし、経費はたっぷり減らせるんだから。
もちろん、スポーツレギュレーションの方は調整しなければならなくなるが、まぁ、そんなのは最後の話であってね。」

[ 中編に続く ]


(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)


経費削減について、ヤマハがドゥカティの発案に大反対してるって話は無料『note』で!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP