MotoGP

ドゥカティ、ミシュランに改善プレッシャー:パオロ・チャバッティ

『チャバッティ:ドゥカティ、ミシュランに改善プレッシャー』

★2020年、ドゥカティファクトリーはミシュランの新タイヤにより大苦戦し、特にアンドレア・ドヴィツィオーゾはフロントタイヤのフィーリングが掴めず、ブレーキングを活用することができなかった。

★今年、ドゥカティはコンストラクターズ部門でタイトルを取ったものの、唯一、マシンを6台参戦させていたため高く評価はされていない。

★パオロ・チャバッティ氏(ドゥカティ・スポーツディレクター)のコメント。

「アラゴンを除けば、常にドゥカティ勢の誰か彼かが表彰台争いをしていたし、最終的に、うちから5選手が表彰台に上がってますからね。
まぁ、その一方で、タイトル争いができなかったことは残念に思っていますが。」

【来シーズンについては?】
「今シーズン、多くの学びましたから…来年に向け、何かしらの案が出てきているようですよ。
来年は、ファクトリーが2人ともプラマックから昇格の新ライダーだし、新たな気持で始めるつもりです。」

【ミシュランタイヤについては?】
「全メーカーがミシュランとコラボし、将来的に何かしら多少は良くなっていくよう…すっかり改善されるとまでいかなくとも、各コンディションにおいて可能な限りパフォーマンスが安定するよう協力してきたわけですからね。
その辺について、ミシュランと共に手を入れていきたいと思ってるんですよ。」


(参照サイト:『Corse di moto』)
(Photo:Instagram

ドゥカティ機は本当にベストマシンなのか?って話は、note『ポルトガルGPまとめ』でどうぞ!

created by Rinker
天然生活
¥2,400
(2021/06/22 10:13:08時点 Amazon調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. 774RR-R より:

    タイヤメーカーとロビー活動的なつながりがあるメーカーに有利にならないか心配

  2. SL より:

    ブリジストンに戻せば全ては良い方向に向かうと思う

  3. gurezo より:

    個人的には、明らかにブリジストンのオーガナイズやタイヤの品質はミシュランより優れていると思っています

  4. ジョルジョ99 より:

    BSのワンメーク後と今のMは17インチ化、差し引いても開発・供給体制や品質維持に関しては昔と立場が逆転してしまった。
    今、BSが復帰したら勢力分布も大きく変わってと、予想されるようにもう一度サプライヤーBS観てみたい。

  5. 名無し より:

    タイムを求めて柔らかめピーキーな性質になるMIよりワンメイクとしての役目をしっかり果たしていたBSの方がはるかに良かったように個人的には思います。
    BSがトラブルなしだったわけではないですが。
    ドカティは散々自分らに不利なタイヤと言い続けていたがそもそもこれまで有利だっただけなのでは?

  6. へほへも より:

    耐久性や安定性に文句言うのはいいが自分たちに都合のいいタイヤを作らす圧力は絶対に許すべきではない
    そこに合わせて開発するのが仕事だ

  7. yy より:

    BSになりませんかね…

  8. ゴンベエ より:

    これでドカが勝てるようなタイヤになるんだったら、他のメーカーは撤退していいんじゃないの

  9. ひでらり より:

    ブリヂストンです

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP