Moto3 category

ビアッジ、昨年12月にアロンソ・ロペスを突然放出

『ビアッジ、昨年12月にアロンソ・ロペスを突然放出』

★2020年末、マックス・ビアッジ率いる『Max Racing Team』が、急遽、アロンソ・ロペスを放出することを決めた。

★同チームは昨年末、2021年に向けてモト3クラスにロペス選手とロマーノ・フェナーティを参戦させると発表していたが、スポンサーとの折り合いがつかず、ロペス放出を決めた。

★スペイン紙『AS』が報じたところによれば、ビアッジ元選手はロペス選手に電話で放出を告げたとのこと。

★ビアッジ元選手はロペス後任に、アドリアン・フェルナンデス(※ラウル弟、1月31日で17才)を起用する予定。
同選手は昨年ポルティマオ最終戦にフィリップ・サラック代役としてモト3参戦し、18位を獲得している。

★ロペス選手のコメント。

「12月になって来年のシートを失ってしまうなんて、本当に残念です。しかも、契約更改のサインを、きちんとしていたって言うのに。
僕にとって、これが最後じゃないですから。努力して、もっと強くなって復帰できるよう頑張ります。」

(参照サイト:『Gpone』)
(Photo & Video:Instagram

なぜイアンノーネは裁判で勝てなかったのか?って話は、note『イアンノーネ、ドーピング有罪の真相』でどうぞ!

created by Rinker
¥1,300
(2021/02/27 20:29:08時点 Amazon調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. 与潘笊子 より:

    F1もそうだけど、マネーゲームで選手が翻弄されるのはモータスポーツの本来の姿では無い!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP