MotoGP

スズキ『ブリビオ後任をおかない』佐原伸一

『サハラ:スズキはブリビオ後任をおかない』

★1月7日、ダヴィデ・ブリヴィオ氏が『Team SUZUKI ECSTAR』のチームマネージャーを辞職することが公表された。

★スズキのシンイチ・サハラ氏(プロジェクトリーダー)が、次のように説明した。

「現在、スズキ内にいる人材で現状に対応していくことは可能であり、それがベストな方法だと思っています。
我々は自分達について、また、いかに作業を進めるか、互いにどのような影響を受けあっているか、何を必要としているかを掌握しています。
今現在は外部のマネージャーに目を向けるのではなく、我々だけで対応していこうと思っています。
当然のことながら、(ブリヴィオ離脱の)影響はあるが、彼の不在により道に迷うことはないと思っています。常に、同じような物の見方をし、舵の取り方を決めてきたわけですから。また、助けになるようなスペシャリスト陣も揃っていますしね。
ダヴィデから(離脱を)告げられた時は、当然のことながら、全員がショック状態となりました。しかし、現状を乗り切るべく、新たな歩みに目を向けたのです。」

【2021年シーズンに向けては?】
「今後、なんら影響はないと私は思っています。これまで通りに…そして、タイトルを獲得した今は、これまで以上に努力していくつもりです。
我々はこうした姿勢を変えたことは一度もないし、ミール&リンスの両選手と共にまたタイトル獲得を目指していくつもりです。
マシンに関しては、現在の好バランスを維持しつつ、パフォーマンスの各エリアを改善させようと作業しています。
レース距離における好パフォーマンスを維持しつつ、(予選で)上位グリッドを獲得できるよう目指していきますよ。」


(参照サイト:『Corse di moto』)

スズキがブリヴィオ後任をおかない場合はどうするのか?って話は、note『スズキは誰をブリヴィオ後任にするのか?』でどうぞ!

POSTED COMMENT

  1. フランカー より:

    SRCも出来たしマシン開発の凍結で予算の大小も関係性が薄れチャンピオンライダーに加えて元々マルケスから無条件で勝利を奪ったレース巧者のリンスが復調しマルケス欠場、ヤマハの迷走、ドカティも蓋を開けてみないとわからない。チーム結束力を発揮した横内さんの黄金時代の再現でしばらくスズキの天下かも知れませんね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP