MotoGP

イアンノーネ憤慨『コカイン使用は失格3ヶ月だけで済むのに…』

『イアンノーネ憤慨:コカイン使用は失格3ヶ月だけで済むのに…』』

★2020年11月10日(火)、アンドレア・イアンノーネ(アプリリアファクトリー)はドーピング裁判の最終判決で、4年間の失格処分が科せられた。

★イアンノーネ選手はドーピング検査でドロスタノロンに陽性反応が出た。
同薬物は筋肉増量の目的でボディビルダー等が使用しており、2輪レーサーが使用してもメリットはないものと見られている。

★2021年1月1日より、スポーツ選手がコカインやヘロイン、エクスタシー、大麻等を使用した場合の処分は3ヶ月程度で済み、更生プログラムを受けたことを証明すれば1ヶ月程度で済むこととなった。

★2020年末まで、コカイン陽性反応が出た選手には最大4年間の失格処分が科せられていた。

★イアンノーネ選手はコカイン使用に関する処罰期間の変更について、自身のInstagramで次のように批判した。

《ますます理解し難くなってきたね。コカインで陽性反応が出てもOKなのに、無実の罪では4年失格になると言うわけだ。》


(参照サイト:『Corse di moto』)
(Photo:Instagram

なぜイアンノーネは裁判で勝てなかったのか?って話は、note『イアンノーネ、ドーピング有罪の真相』でどうぞ!

created by Rinker
¥300
(2021/02/24 21:47:06時点 Amazon調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. nav. より:

    まったくもって…
    いじめかな。

    ただ、とにもかくにも印象も大事ですよ!
    そのあたま!w

  2. すぱおー より:

    MOTO AMERICAか公道レース辺りに出て無双して欲しい

  3. ハンス より:

    いや・・・筋力って2輪レーサーにとって凄く大事な物でしょうに。
    あのモンスターマシンを体1つで操るんですから。
    MotoGPライダーの体は皆ガチムキですからね。

  4. だーと より:

    体内にカーボンプレート入れるのは問題ないのに。。

  5. へほへも より:

    筋肉増量剤は肥大させるのが目的であって、でかくて重い筋肉がスポーツに役立つわけではない。軽さもライダーの武器であり引き締まったアスリートの身体を求めてる
    ただデカイだけの筋肉はレースでは無駄
    そりゃコカインの方がよっぽど対面的にも悪いとは思う

    でも多少の摂取なら筋肉がつきやすくなるのは事実だから競技に直接影響あるのはドーピングとして取り締まられても文句は言えんよね…わざとじゃなくてもね

  6. ハンス より:

    なんか皆、ドーピングに関して寛容だなぁ・・・

  7. リッターSS乗り より:

    >ハンス

    寛容なんじゃなくて処分が重すぎるし、何より公平じゃないのが問題なわけだ。
    麻薬使ったヤツの方が処分が軽いなんて頭おかしいやろ?

  8. LN より:

    競技に関係ない麻薬は社会的に罰せられるでしょ。期間はともかく筋肉増強は競技側が罰するのは当然。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP