MotoGP

グレジーニ息子『父は勝つために生まれ、今回も勝てそうだったのに…』

『グレジーニ息子:父は勝つために生まれ、今回も勝てそうだったのに…』

★新型コロナウイルスで闘病中だったファウスト・グレジーニ逝去が、2月23日午前10時30分に同チームより公表された。

★同日正午、グレジーニ氏の息子ロレンツォ氏が、自身のフェイスブックで以下の報告をした。

《最後の報告
今日の10時02分、僕らのチャンピオンが永遠に去ってしまいました。最後の最後まで戦い抜き…勝つために生まれてきたような人が、今回も勝てそうだったのに、良くなってきていたのに、最後は脳出血のせいで命を落とすこととなってしまいました。
さよなら、バー。僕らはいつも、父さんのことをこう呼んでいたね(※イタリアで『父さん』は、通常は『バッボ』です)。
いつまでも埋まらないような穴が胸にぽっかり空いてしまったけれど、でも、父さんのことを大切に思っている人達の中で永遠に生き続けるのでしょ。
僕らみんな、父さんのことが大好きだったよ。これから毎日、父さんのことを想って生きていくからね。》

★なお、ロレンツォ氏は22日深夜、死亡説を流したマスコミに対して怒りのコメントを出していた。

《今日の報告
きちんと確認もせずに報道したマスコミの皆さんに感謝します…あなた達は本当にハゲタカそのものだ!
偉大なる僕の父の容態は深刻なものだけど、でも、その日はまだ来ていないから。》

POSTED COMMENT

  1. やっぱりoffが好き より:

    発症から随分経ってるし脳出血ってことは免疫系からくる後遺症で血栓が出来たのが命取りだったのかな

    ワクチンや治療薬もそうだけど後遺症の解明が進んで欲しいですね

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP