MotoGP

マルティン『2戦ともPP獲得の表彰台なんて…消化するのに時間がかかる』2021オーストリアGP

『マルティン:2戦ともPP獲得の表彰台なんて…消化するのに時間がかかる

★8月15日、オーストリアGP決勝戦でホルヘ・マルティン(ドゥカティ・プラマック)が3位だった。

★マルティン選手のコメント。

【まるでTVゲームのようなレースだったが…】
「具体的にどんな感じのレースだったかを説明しようと思ったら、1ヶ月はこうして話してなければならないでしょうね(冗)。
僕はフロントをハードにしてたんですが…でも、今週末、たった1周しかそれで走ってなかったんですよ。上手くは行きましたよ…雨が降り出した時、上位に上がっていけたんで…クアルタラローやバニャイアを抜いたんですからね。」

【その後、大半の選手がマシン交換にピットボックスへ戻り始め…】
「僕は緊張してしまって…(ピットボックス前に)マシンを止めたらリアが跳ね上がって、メカニックに当たってしまったんですよ。無事だと良いんですけどねぇ。
ピットレーンから出た時は、集団の中を3位で走ってたんですが、レインタイヤで走るのがけっこう大変で…だから、ブラッド(ビンダー)は本当に凄いですよ…スリックタイヤで、あんなことが出来たんですからねぇ。レインタイヤでさえ難しいのに。
僕はピットボックスに戻る前は11位だったんで、スリックのまま走ってた方が良いかな…と思ってたんですが、(レインに履き替えた後)第3コーナーを団子状態で回っているスリックタイヤの集団を見た時、『よし、今がプッシュしどきだぞ!』って思ったんです。
その後、その集団に追いつき、第7コーナーで抜きまくって…コーナー2ヶ所で6〜7人抜きました。抜いたって言うよりは、むしろ、避けるのが難しかったって感じで…。

【そして、表彰台に上がった…】
「最終的には満足してます。3位まで追い上げた時は、(優勝した)先週のレースよりも嬉しかったぐらいで…。
今回の2戦での出来事を消化するには、ちょっと時間が必要ですよね…PPを2回取って、表彰台に2回上がるなんて、ちょっと信じられないようなことでしょ。」

(参照サイト:『Gpone』)
(参照サイト:『AS』)

マルティンの「12才の時、お金がなくてレースを辞めなければならないかも…」って話は、『2021スティリアGPまとめ』でどうぞ!

POSTED COMMENT

  1. kai より:

    あの団子状態で誰か1人でも転倒したら、多重クラッシュになるんじゃないかとヒヤヒヤしました。
    私は未だにフラッグ・トゥ・フラッグにはあまり賛成出来ない石頭です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP