MotoGP

モルビデッリ『ライディングスタイルを変えるべきと言う結論に至りました』2022オランダGP

『モルビデッリ:ライディングスタイルを変えるべきと言う結論に至りました』

★6月24日(金)、オランダGPでフランコ・モルビデッリ(ヤマハファクトリー)が、FP1で15位、FP2で18位だった。なお、FP総合18位。

★モルビデッリ選手はFP2セッション中、低速走行により他の選手を妨害したためロングラップペナルティを科せられている。

★モルビデッリ選手のコメント。

「今回のウィークエンドでも確認できたことなんですが、コンディションがイマイチな時は僕のソフトナスタイルでヤマハ機を速く走らせることができるんですが、路面の状態が良くなり、ソフトタイヤで走れるような通常のコンディションになると苦戦し始め…僕のソフトなスタイルが助けになってくれなくなるんです。」

【つまり…?】
「つまり、操縦アプローチを変えるべきだと言う結論に至りました。ヤマハ機を最大限に活かせるよう、できるだけ早々に取り組んでいくつもりです。
残念ながら、現在は思い通りの自然な走りができず、継続して実力を発揮できない状況なんです。」

【問題点を具体的に説明すると…?】
「この何ヶ月間かで重要なことが1つ分かったんですが…つまり、このマシンで速い走りをするには『変化』が必要なんです。
コンディションによっては現在の自分のスタイルでも速さが出るんですが、とにかく、変える必要があるんです。結局、現在のマシンが僕のマシンなんだし、現在のフレームが今使えるものなんですから。チームにも同様のことが言えます。
こうした諸々を一気に変えるのは大変なのだし、僕にとってこれは大きな挑戦なんじゃないかと思うんですよ…人としての挑戦でもあるでしょう。」

【今後、どう言う作業を…?】
「マシンはかなり成長しているし、皆さんもご存知のように、ポテンシャルも高いです。ただ、アグレッシブに走らせる必要があるんですよ。ソフトな操縦じゃ駄目なんです。
ヤマハ機をもっとアグレッシブに走らせようと思ったら、変えていかなければならないんです…とにかく、僕はソフト過ぎるんで。
今のところ、なにを元にして作業すべきかは分かりませんが、とにかく、進むべき道を探り出さないと。」

【ところで、FP2でエネア・バスティアニーニの走行妨害をしたため処罰を受けていたが…?】
「第11コーナーでコースアウトしてしまい、コースに戻った時にエネアの邪魔になってしまったんです。諸々を見る限り、今回のペナルティは当然のものだと思います。
あと、グリーンゾーンに乗ってしまったのは、ソフトタイヤでマシンを曲げるのに苦戦していて…時々、コースアウトしてしまうことがあるからです。」

(参照サイト:『Gpone』)

以前と比べてタイヤコントロールのテクニックが変化したって話は、note『2022 カタルーニャGPまとめ』でどうぞ!

POSTED COMMENT

  1. うに より:

    また活躍して欲しい。
    若いんだからスタイル変更も上手くいくさ。

  2. ugem より:

    つまりヤマハのバイクはステディな走りではなく、ファビオみたいに頭のネジを全部緩めてから走らないと速く走れないということですね。モルビデリやドヴィチオーゾみたいにバイクの特性を理解して走ろうとするのではなく。

  3. カラス より:

    今のMotoGPバイクは、ウイングレットをつかってフロントのトラクションを稼いでいるから、ウイングを効果的に使うならメリハリのあるライディングになるのかな。アプリリアとか、鬼突っ込みでフロントウイングを一気に立てるほうが空気抵抗でより止まりそうだもんね。

    一方、前走者がいるとクリーンエアなくてエアロが効かずに止まり切れないわけだね。そういえば最近そんな状況になった奴がいたな。

  4. nav. より:

    ミシュランタイヤへの依存度がハンパないジェネレーションw
    キャラ変えて頑張るしかない!

  5. シャンプー より:

    ケガ明けとはいえちょっと気づくのが遅いような…
    つい2年前には型落ち機でシーズン2位になるくらいコンスタントな速さを見せてたし、まだ老け込むような歳でもないんだから是非あの頃の強さを取り戻してほしい

  6. 元草レーサー より:

    今からライディングスタイル変えて、今年残り、来年に間に合うのかな。ランキングTOP10に入らないワークスって、、。
    2020年がよかったんですよね、ランキング2位で。ミルがタイトル獲った年。

    2022中10戦…モルビデッリ(ワークス)19位25P、ビンダー(サテライト)21位10P、ドビ22位10P
    2021全18戦…モルビデッリ(ワークス)17位47P、ロッシ(サテライト)18位44P、ドビ(同)24位12P
    2020全14戦…モルビデッリ(サテライト)2位158P、ビニャーレス(ワークス)6位132P、ロッシ(ワークス)15位66P

  7. ヤマハ好き より:

    ヤマハ車の未来が不安。ホンダ車も。。

  8. ヤマハ道 より:

    トプラックと相性良さげ

  9. レイニーさん より:

    何だかんだで、奥までブレーキングで突っ込んで行くスタイルってロッシ乗りだよねファビオ

    ヤマハ機はロッシによって作られた風に聞こえてしまううう

    他がそれに合わせられないのは何なんだろね

    マルケスパティーンとはなんか違う気がするぅ

    そこと他が

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP