MotoGP

ペドロサ&ドヴィツィオーゾ:今明かす、スズキ交渉話


さて先日、遂に公表されたスズキ2015年モトGP復帰!!!
あんまり前から話題にされてたもんですから、とっくの昔に公表されてたと思ってらした読者さんも多いんじゃないでしょうか…
まぁ、選手の方もエスパルガロ兄&ヴィニャーレス選手が発表され…
やっと、これまで交渉話に名前があがっていた選手達も色々と話す気になったようですな。
と言うわけで、ペドロサ&ドヴィツィオーゾ選手の㊙交渉話を、どうぞ!!


『ペドロサ:スズキとの間に真剣な話は一度もなかった』

pedrosa-suzuki-motoblog.jpg


★ダニ・ペドロサが『MCN』サイトに、スズキとの交渉について次のように語った。
「スズキとの間に真剣な話は一度もなかったです…向こうから来た話でね。僕は(興味を持ってもらい)嬉しいとは言い続けてきたけど、実際のところ、真剣交渉になった事は一度もなかったんですよ…ずっと僕の第一希望は、まず現在所属しているチームと話し合い、それから何がどうなるか様子を見ようって事だったもんですから。
僕はもう何年も前から、こう言う姿勢を続けてきてるんです。まず、今の人達と話し合ってみて、見込みがないようなら他の人達と話してみようか…と。ただ、ずっとホンダとの話し合いから始めて、ホンダとの契約更新で終わってるんですけどね。」

【勝てるホンダを捨て、未知のスズキに賭けてみるのはリスクだと思う?】
「何をリスクとするかに依るでしょうね。僕は好パフォーマンスを見せたいから、勝ちたいから走ってるんです。5〜6位になるのに走りたくはないし、僕が努力しているのは、すべてトップになるためなんです。こうやって楽しんでるんだし、これはそう言うスポーツだと思ってます。」
2014年10月02日Motoblog.it記事参照)





『ドヴィツィオーゾ:もう少しで2015年スズキ移籍だった』

dovi-suzuki-motoblog.jpg


★アンドレア・ドヴィツィオーゾが『MCN』サイトに、スズキとの交渉について次のように語った。
「もう少しでスズキ(移籍)ってところまで行ってました…彼らの状況は僕好みなんですよね…それに僕との交渉ではかなりプッシュしてくれてたんで。かなりのオファーでしたよ…僕の事を信じてくれていたし、開発面で僕が経験豊かだって…各マシンで走ってきた事も分かってくれてましたからね。スズキ移籍の可能性に関しては…良い感じの手応えだったんですよ。でも、最終的にドゥカティ残留にしましたけどね。」

【初夏のバルセロナでホンダやヤマハ、ドゥカティと一緒にスズキがテストを行い、いまいちだったが…】
「ほとんどゼロからのスタートになったでしょうね…ドゥカティに費やしてきた2年間の作業を無駄にしてね。」
2014年10月03日Motoblog.it記事参照)



[amazonjs asin=”B007DSV880″ locale=”JP” title=”(オークリー)OAKLEY Ducati Pit Bull OO9161-10 Polished Black w/Black Iridium Polarized Free”]

クラッチロー選手はどうだったんでしょうねぇ…クリックPrego > 人気ブログランキングへ

POSTED COMMENT

  1. MICK より:

    普通に考えれば復帰直後のマシンに乗るのはギャンブルですよね
    でも88年開幕時にいきなりトップ争いしたシュワンツみたいなセンセーショナルを期待したいなぁ

  2. motobeatle より:

    勝ちたいからホンダで走っているのなら、勝たなきゃ!
    マルケスに!そして自分に!
    酷な事を言うようだけど。
    来年、ここ何年もの流れが変わってダニの下に栄冠が輝くか?
    正直、そうは思えない。
    そんな、勘ぐりを吹っ飛ばすような活躍を見せてよ。
    来年の今頃、どんな報道がなされているか?
    結果によって彼の場合は大きく変わる筈。
    それを出すのもダニ次第。

  3. ・v・ より:

    うーん、確かに都合の良いセカンドライダーっぽい感じありますよね。それなりに強くて、不平不満や問題行動も少なく、コンストラクターズタイトルを取るには都合の良いセカンドライダー?憎めない感じはありますけどねえ、頑張って欲しいなあ。スズキみたいなよそに移ってファーストライダー、とかも考えなそうな堅実派な雰囲気だし。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP