2015へレステスト【第2日目リザルト&トピックス】モト2・モト3

Pocket

[ヘレステスト第2日目 モト2 総合リザルト ※クリックすると拡大します]
2015_Moto2_Test__Jerez_combined_sessions_6.jpg

[ヘレステスト第2日目 モト3 総合リザルト ※クリックすると拡大します]
2015_Moto3_Test__Jerez_combined_sessions_6.jpg

jereztest2-gpone.jpg


★モト2・モト3クラスのヘレス公式テスト2日目。

[モト2]首位はサム・ローズの1分42秒362(スピードアップ)。各タイプの燃料タンクのテストおよび、新スイングアームの検証を行なっていた。昨日の首位ザルコ選手のタイムより0 .5秒速い。

★[モト2]2位はルイス・サロム(カレックス、+0.122)。新チームメイトのアレックス・リンス(9位、+0.985)と共にシャーシの各マッピングをテストしていた。

★[モト2]3位ヨハン・ザルコ(+0.197)は2014年版カレックス機を使用しており、2015年版のシャーシはテスト終盤で使用できるようになる模様。

★[モト2]4位は昨年モト2総合優勝のティト・ラバト(カレックス、+0.232)。新チームメイトのアレックス・マルケス(12位、+1.056)と共にリア・サスペンションの調整を行なっていた。

★[モト2]イタリア勢トップはシモーネ・コルシの13位(カレックス、+1.071)。
コルシ選手のコメント。
「今日は密度の濃い作業ができました。何周か走って、セッティング作業をしました。フィーリングがもう少しかな…特に、フロントのフィーリングですね。でも、とにかく、ここまでの作業には満足してます。」

★[モト2]2位〜16位まで全てカレックス機。ただし、1位はスピードアップ機。今年、参戦する全29機中、カレックス以外は6機のみ。

[モト3]ルーキーのファビオ・クアルタラーロ(ホンダ)が、相変わらずよもやの1分45秒918で首位。1分46秒の壁を唯一破ってみせた。

★[モト3]2位はニッコロ−・アントネッリ(ホンダ、+0.285)、3位はダニー・ケントが午後セッションで記録した(ホンダ、+0.573)。

★[モト3]VR46チームは、ロマーノ・フェナーティが技術トラブルで苦戦し、13位(+1.078)。
フェナーティ選手のコメント。
「電気系統に問題が出てしまって…車台が操作不能になってしまって。そのせいで、集中力が落ちてしまいました。明日は、この問題を解決しなければね…データを良く分析して、順序立てて作業して。」

2015年02月18日Gpone記事参照)





あと1日、がんば!!クリックPrego > 人気ブログランキングへ

Ad & Relation Links

, ,

No comments yet.

コメントを残す

 

Top