ロッシ『皆、ドヴィツィオーゾに学ぶべき』2017バレンシアGP

Pocket

『ロッシ:皆、ドヴィツィオーゾに学ぶべき』

rossi-viso (7).jpg


★11月10日(金)、ヴァレンシアGPでヴァレンティーノ・ロッシ(ヤマハファクトリー)がFP1を18位で、FP2を9位で終えた。なお、FP総合は11位。

★ロッシ選手のコメント。

「アンドレア(ドヴィツィオーゾ)の件は、良い話ですよね。これまでのキャリアで、けっこう苦労してきてるじゃないですか。特にモトGPに上がってから苦労してるでしょ。皆、彼に学ぶべきですよ。
絶対に諦めず、ずっと自分自身を信じていた。モトGPでは10年間1勝だったのが、今年1シーズンで6勝してるんだから。どんなスポーツでも速攻で結果を出すことが要求されるし、どんどんエスカレートしている。でも、各選手、各々に適した時間が必要なんだってことも理解されなければね。」

【ジョアン・ミール選手はモト3クラスでの11勝目を…ロッシ選手とのタイ記録を狙っているが…】
「ああやって勝ち星をどんどん上げていく時って言うのは偶然なんかではないし、僕の記録と並ぶのは嬉しいですよ。1997年からの記録ですからね。もう随分と前のことだけど、覚えてますよ…あの年は実に面白かった(笑)。ミールは本当に強いし、記録を達成できたなら僕の時みたいに運に恵まれると良いですね。」

【本日、父グラツィアーノ氏がラジオで『ヴァレはあと10年現役を続ける』と言っていたが…】
「良いですねぇ。だいたい、うちの父や母ステファニアが『辞めるんじゃない』って言ってるところから話が始まってるんだから、決断すべき時が来たら2人の助言を思い出しますよ。まぁ、あと10年続けるって言うのは難しそうだけど、おそらく、モトGPでってことじゃないんだろうし。」

【今日のFPに目を向けるならば、けっこう手を焼いているようだが…】
「午前FPはかなり遅かったですね。調子が良くなかったし、終盤に新タイヤも履かず、レースに向けての作業に集中してました。
午後FPもパッとしなかった。ただ、手応えは良くなってましたけどね。でも、まだ作業は山積みです。楽な週末にはなりそうにありませんね。」

【ただ今週末が終わるのを待つのではなく…】
「そう言う風に始めてしまうと、さらに何かと厄介になってしまうものでしょ。最後のチェッカーフラッグを受けるまでは信じていかないと。
FP2での最後の出走の際、ちょっと自信が出てきてたしね。ミディアムタイヤで良い周回ができてたんですよ。問題は気温が低いことなんです。けっこう固めのタイヤを使わなければならず、苦労してしまうんですよ。」

【ライバル陣は一歩先を行っているが…】
「ホンダとドゥカティのファクトリー組を倒すのは難しいでしょうね。マルケスとペドロサが別の領域にいるから。ザルコも速いしねぇ。
今のところ、一番大きな問題はブレーキングなんですよ。あと、いつものことだけど、何周かするとリアタイヤで手こずってしまって。明日の第一目標は予選2へ直行することですね。その後は、様子を見てみないと。」

(2017年11月10日『Gpone』記事参照)


故シモンチェッリ選手のグローブが戻ってきた話とか、アンヘル・ニエト基金の話とかは、『note』無料閲覧!!

直行祈願、予選2ぃぃね!

Ad & Relation Links

, , ,

No comments yet.

コメントを残す

 

Top