ドゥカティ『新カウルはタイテストで披露』ジジ・ダッリーニャ

Pocket

『ダッリーニャ:タイテストで新カウル披露』

dalligna-aruba.jpg


★ジジ・ダッリーニャ氏(ドゥカティ・ゼネラルディレクター)がSBKの『team Aruba』のプレゼンテーションに参加し、次のように語った。

【まず、SBKの話題の前に、先のセパンテストではホルヘ・ロレンソ選手がサーキットレコードを更新していたが…】
「ロレンソは昨年のブルノGPで、重要な成長過程に差しかかっていたんです。あの時点で優勝も可能だったのでしょうが、レースマネージメントが完璧じゃなかったばっかりに叶いませんでした。好結果を出せるようなスピードは既にあったので、今回のセパンで一気に成長したと言うわけではないんですよ。ロレンソが我々と共に成し遂げた…そして、我々が彼と共に成し遂げた成長の行程ですね。彼が実力を発揮するのに必要なものはすべて提供できたと思います。これからが見ものでしょう。」

【セパンではドヴィ&ペトルッチ選手も速かった…】
「まぁ、所詮、シーズン第1回目のテストですからねぇ。重要なことは重要だが、今年のチャンピオンシップの白黒がはっきりしたと言うわけではないから。
むしろ、ここ何年間かは、セパンテストを制した選手は速くなってないし、シーズン中も同様のリザルトは出していないでしょ。好調なスタートを切るのは良いことだが、まだテストは2回あり、そこでマシンを洗練させていかなければなりませんから。まったくの荒削りな代物ってことも時にはあるでしょうからね…これからタイテストに持って行く予定の新カウルのようにね。」

【タイテストに向けては、その辺が一番の盛り上がりになりそう?】
「今後のテストでは、確実にエアロダイナミクスに集中していくつもりです。ただ、それだけじゃありませんけどね。車台関係でも新たなものを用意しているし、シミュレーションでポジティブなフィードバックが得られた案などもありますから。かけ合わせてみたい材料がいくつかあるんですが、まぁ、どうなるでしょうかね。」

【エアロダイナミクスと言えば、コラード・チェッキネッリ氏(モトGPテクニカル・ディレクター)がレギュレーションの改定を考えていると言っていたが…】
「コラードが言ってることに100%同感ですが、ただ、これらウィングを槍玉に挙げている場合ではないと思いますね。私だけが主張してるわけではなく、ライバルメーカーらが考え直したわけですし…安全面から言うならば、ウィングは問題にはなっていなかったわけでね。これらのシステムも問題にはならないと確信してますよ。」

【では、次の一手はどうするつもり?】
「レギュレーションも煮詰めていきましょう。現時点では、解釈の幅があまりにありすぎて、テクニカルディレクターがたった1人で裁決すると言う重責を担っています。技術的な項目をいくらか書き添えるべきだと思うし、私も嬉しいですよ。ただ、来年、さらに経費をかけて、またカウルのプロジェクトをやり直すようなことにはならないで欲しいですけどね。今の路線でやって行きましょうよ。」

【レギュレーションと言えば、SBKの方では各メーカーのエンジン回転数にしきい値が設けられ、ドゥカティ機は800回転も落とされてしまったが…】
「うちはライバル陣に比べ、既に低い回転数で走ってたんですよ。だから、そう言う意味では大きく不利になってしまったでしょうね。それを挽回すべく、懸命に作業を進めているところです。フィリップアイランドには何か新たなものを投入できると良いんですが。あと、シーズン中もその他のコンポーネントに関し作業していく予定です。例えば、マフラーなどを最適化するとかね。我々が望んでいるリザルトを選手が取れるよう、必要なものを提供してあげられたら良いんですが。」

【どの辺で不利になりそう?】
「当然、最大馬力でロスしてしまったし、レギュレーションによりギア比に手を入れることができないのだから、トルクでもロスしてしまいますね。」

【今シーズン、現実的に見て、2気筒マシンに何を期待できそう?】
「私は常に勝ちを狙って行きたいタイプなんですよ。うちの技術陣にもライダーらにも、常にそれを求めているんです。目標はこれまで通り、タイトル獲得です。容易なことではないが、頑張りますよ。」

【2019年SBKシーズンに『Panigale V4』機を使う可能性は?】
「私は楽観的な人間なんですよ。ドゥカティは素晴らしいマシンを作り上げました。うちのV4機は、現在のスポーツバイクとしては芸術の域だと思います。SBKに上手く適合できるマシンですね。もう、V4機を使いたくてたまらないってことになったら、皆さんに、お伝えすると思いますよ。」

(2018年02月07日『Gpone』記事参照)


モルビデッリ選手が2017年ライバルだったルーティ&アレックス・マルケス選手について語っている話は、無料閲覧『note』!!

いいねPrego!

Ad & Relation Links

, ,

No comments yet.

コメントを残す

 

Top