MotoGP

プラマック『ミラーは契約済みでプレッシャーはないが…』フランチェスコ・グイドッティ

『グイドッティ:ミラーは契約済みでプレッシャーはないが…』

★ドゥカティ・プラマックのフランチェスコ・グイドッティ氏(チームマネージャー)が7月中旬のヘレス開幕戦を前にして、次のように語った。

【ジャック・ミラーは既にファクトリー昇格が決まっているが、今シーズンはどんな期待がかけられているの?】
「去年よりも好結果を出すことです。毎年、なにかしら改善しようと努力してますしね。去年はけっこう順調で、シーズン後半は特に良かったんでしょ。あの辺の感じで始めてくれたら悪くはないんですけどね。
まぁ、今年は特殊なコンディションだが、皆、同じ条件だから。緻密なテクニックと言うよりは、勘で乗るライダーの方がちょっと有利になるかもしれませんね。」

【ファクトリー契約を交わしたことで、プレッシャーが増してしまうのでは?】
「契約が決まってない方が、プレッシャーは感じるものだから。契約済みなら、多少は気持ちも軽くなるでしょう。ただ、その契約に見合ったところを証明しようって気持ちは、あるかもしれませんね。
まぁ、たとえ何があっても、プレッシャーなしでモトGP参戦するなんてあり得ないから。プレッシャーを乗り切るって言うのも、ライダーの仕事の1つですからね。」

[ 中編に続く ]


(参照サイト google 翻訳:『Corse di moto』)
(Photo:Instagram


ライダーで一番の女たらしは誰か?って話は無料『note』で!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP