MotoGP

『ランチでのロッシに惚れ惚れした…』エフレン・バスケス

『バスケス:ランチでのロッシに惚れ惚れした…』

エフレン・ヴァスケス(33才。2014年モト3クラス総合4位、2016年に負傷し引退。現在はライダースクールを運営)が、2012年にヴァレンティーノ・ロッシの『ランチ(私設トレーニング場)』に招かれてトレーニングした際の思い出を語った。

「ヴァレンティーノ・ロッシについて、個人的にどう思っているかと言えば…実のところ、これまで何度も気持ちが変わってきてるんですよね。
ロッシがデビューした頃は、とにかく憧れてました。その後、2004〜2005年頃は、他のライダーに勝って欲しいなって思うようになって。
ただ、何年か前から、競い合うことにかけるロッシの情熱には頭が下がるばかりですよ。」

【『ランチ』に行ったことがあるそうで…】
「2012年にトレーニングに招かれたんですが…すっかり心を奪われましたね。
チャンピオンライダーが若手ライダーらの中に混じって、アドバイスしたりして一緒に過ごしてるんですよ。自分が何者かなんて全く気にせず、皆と一緒に木のベンチに腰かけてね。それだけオートバイに情熱を注いでるってことで…あれを見て、また惚れ惚れしてしまってねぇ。
今もずっと、尊敬し続けてますよ。僕なんかロッシの足元にも及ばないけど、でも、とにかく尊敬してます。
今後もずっと、歴史に足跡を刻んで行くでしょうね。」


(参照サイト google 翻訳:『Corse di moto』)
(Photo:Instagram


ロッシのスタートグリッドの儀式については有料『note』で!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP