MotoGP

『ドゥカティがクラッチローに悪影響』Tech3 ポンシャラル


先のブルノGP中に、カル・クラッチローがテック3と契約更新し、その後のレースでもモトGPでの初表彰台を獲得していたのは記憶に新しいのですが…
さて、テック3マネージャーが、それまでのクラッチロー不調の原因についてコメントしとります…

『ポンシャラル:ドゥカティとのやり取りがクラッチローに悪影響』

motograndprix-poncharal-cal.jpg ★モンスター・ヤマハ・テック3のエルヴェー・ポンシャラルマネージャーが『MCN』サイトに、カル・クラッチロー選手の去就がドゥカティにより左右されていたことで、ブルノ戦前までの同選手のパフォーマンスに悪影響を及ぼしていたと語った。

★確かにテック3と契約更新した数日後のクラッチロー選手は、ブルノ予選で2位、決勝レースで3位の好成績をおさめており、その前のインディアナポリス戦では3度の転倒に見舞われ、今シーズン初のポイント0でレースを終えている。

★エルヴェー・ポンシャラルのコメント
「ドゥカティからの接触があって以来、本来のリザルトが出せなくなってしまった。そう言ってるのは私だけではない。来年の去就に関するあのやり取り全てのせいで注意散漫となってしまったのだ。カルはシーズン初めと同じ状態ではなかった。良い操縦はしてたが、インディでは3日間で3回転倒している。ドゥカティとのやり取りと、コース上での不調は関係があると思う。」

★カル・クラッチローのコメント
「誤解しないでくれ。インディは悪夢だった…何かと上手く行かず、かなりがっかりしていた。コース上だけでなく、外の話もだ。マシンに乗っていても調子が悪かったが、契約問題が原因ではない。ブルノ戦で契約更改を済ませたから調子良く感じたわけではないと思う。ただ、契約直後は、自分の真価を証明するってことが重要だった。」

[日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:MOTOGRANDPRIX 2012年09月02日記事より抜粋]


じゃ、ここ最近ずっとチームメイトのカルに勝ち続けてきたのに、ドゥカティと契約した途端に負けてしまったドヴィツィオーゾ選手は一体…


クラッチロー選手の方に話を戻しますが…本当にコース内外で問題がすっきり解決しているようでして…
下の写真、クラッチロー選手のみぞおち辺りに貼り付いてるのは…
なんと、いつぞやTV中継の最中にクラッチロー選手を批判していたTVレポーターことパオロ・ベルトラーモさんの似顔絵ステッカーなんですぞ!

《おぉ〜みんな、クラッチローのシャツに貼ってある物に注目。言葉も出ないよ。ヒーローだね。》


仲直りクリックPrego

人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP