MotoGP

ロレンソ『ロッシは脅威ではない』、ロッシ『世界終末って…』:今日のできごと


さてさて…
ホルヘ・ロレンソ選手がちょいとイタリアに寄っていたそうで…
例の『新ポイント罰則』も含め、色々と語っとります。

モトGP『ロレンソ:ロッシに対し最初の年から脅威は感じてない』

gpone-lorenzo-nolan.jpg ★ホルヘ・ロレンソが6年間続いてきたヘルメット専門店『ノーラン』との関係を今年一杯で終えることとなり、アルベルト・ベルガーニ社長に挨拶するためイタリアを訪れていた。

★ホルヘ・ロレンソへのインタビュー。
「各種イベントやらインタビューやら、忙しいですね。でも、世間から好かれているってことでしょ。家で手持ち無沙汰にしてるよりずっと良いですよ。ある意味、ちょっと疲れていると言えば疲れてるけど…数日ゆっくり休みたいなぁなんてね。でも、ポジティブなことでもありますよ。
(1〜2回目のタイトル獲得とは違う?)タイトルはタイトルであって…モトGP世界チャンピオンになるのはライダーにとっては一番重要な目標だから。1回目の時は興奮して…なんでも初めての時はそうでしょ…ただ、それを獲得するのにどれだけ苦労したかにもよりますよね。今年は2010年よりも厳しかった。
(1番は今回のタイトルですか?)イエスと言えるんじゃないかな。シーズン終わり近くの獲得で、尚一層喜ばしい。
(シーズン後半は甘んじて守りに入っていたなんて言われてますが…)あの状況は容易なものじゃなかった…ラスト5戦ではヤマハ勢では常にトップだったし、選手らは非常に速い操縦をしていた。僕はゆっくり走ったわけじゃない…2位は保ったし、ダニ(ペドロサ)は絶好調だったし…失うものは皆無でホンダ機も非常に強かった。タイトル争いをしていることを常に念頭に置いて…重要なのは最終的にNo.1になることなのだから。
(ホンダがセパンでテストをしていたのに対し、ヤマハはヴァレンシア&アラゴンで数周走っただけですが…)わりと現段階でのプレッシャーはないですね…自分の夢はもう叶ったわけですから。250ccで2回、モトGPで2回チャンピオンになれた。それなりに心配はしてますよ…ヤマハは最大限に作業を進めている…僕がコースの内外でやってるようにね。110%の力を出しているメーカーにこれ以上のことは望めませんよ。
(2013年用マシンはロレンソ選手やロッシ選手の指示なしに作業できる?)厳しいでしょう…ヴァレンシアやアラゴンで走れていたなら、エンジニアにとっても良かったんでしょうが。
(厄介なライダーであるロッシ復帰で何かが変わる?)ヴァレンティーノは厄介じゃない。9回タイトルを取り、100レース以上で優勝し、そのうえ、マスコミ受けするカリスマライダーで、ファンが多いのも当然なこと。僕は物事はなんでもポジティブに見る方で、モトGP昇格した時には全選手に敬意は払っていたけど、誰に対しても恐いと思ったことはなかったし、すぐに勝ちを狙いにいったし。チームメイトに脅威を感じてなどいなかった…自分のこと、自分のパフォーマンスにだけ集中すべきと心得ていましたから。今は2008年より立場も良くなったし、もっとポジティブで、かつてないほど落着いてますよ。
(来年、ロッシ選手とマルケス選手のどちらが脅威?)脅威と言う言葉は正しくない…どちらが速いのかなぁ。マシンにもよるし、戦闘力が高いのはヤマハなのかホンダなのか。
(マルケス選手がペドロサ選手が優勝候補だと言ってましたが…)色々な要素によるでしょうね…マシンが最重要項目かなぁ。
(新レギュレーションの『ポイント制』については?)他の選手を顧みずに危険な操縦をすることがある選手をなくすには最高の方法でしょう。アドレナリン全開の時には分からないこともあるけど、後ろからスタートしなければならないときたら考えも変わるでしょ。選手の安全を思えばビッグニュースですよ。
(引退したら4輪レースに?)将来的に、趣味としてなら4輪レースに出ることもあるだろうけど、子供の時からカートに乗っていて経験豊富な選手とは競り合えないでしょうね。彼らがモトGPで優勝したいと思うのと同じことであって…不可能ですよ。
(クリスマスプレゼントに何が欲しい?)僕に、それから友人や家族に『健康』ですね。仕事の方では…またタイトルが取れたら素晴らしいなぁ。ただ、こればっかりはサンタクロースに頼めるものじゃない…毎日毎日、戦っていかねばならないことでね。」

(日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:2010年12月20日 Gpone記事より抜粋)


『マスコミ受けするカリスマライダー』って、ロッシ選手のことを言っとりますが…
先月のヴァレンシア・テストで身にしみてしまったんでしょうかねぇ…
実は、『ピッツェリア・ダ・ロッシ』ことロッシ選手のピザレストランが、こんなツイートを出してたんですよ。

《可哀想なロレンソ。皆から無視されて…》





さて、その『ピッツェリア・ダ・ロッシ』では12月21日の『世界滅亡の日』に向けて、こんなディナー企画をしとりました!!

《うちではこう言う風にすることにします。》
(※下記チラシ翻訳:世界終焉パーティー 2012年12月21日 1970〜80年代ミュージックDJ
ディナー・メニュー ねじりパスタのウォッカ風味、地元豚のポルケッタ&付け合せ野菜各種、ドライデザート 25ユーロ)


んでは、恒例『イタめし情報』!!
上のメニューを具体的に説明いたしますね♡
まずは、ねじりパスタのウォッカ風味…
豚の生ソーセージや玉ねぎ、ウォッカ、生クリーム、バターなんかを使うようですな。
イメージ画像はこんな感じ。

strozzapretiallavdoka.jpg


続いて、メインディッシュの豚のポルケッタなんですが…
あっ、ちゃんとレストランが写真ツイートしてくれてますね。

《豚さん登場!!!!!》


うぅぅぅ〜ん…でも、ちょっと焦げすぎじゃないっすかねぇ…
ポルケッタって、豚に各種ハーブを詰め込んで焼いたものなんですが…
普通はこんな感じになります。

porchetta.jpg


そして…締めのドライ・デザートなんですが…
管理人が推測する限り…
この季節だと、トスカーナ名物の堅クッキー『カントゥッチ』じゃないかと思うんですが…
あくまでも推測ですよ、推測!!

cantucci.jpg



さて…上のディナーパーティーには参加したのかどうか…
当のロッシさんは、20日の段階でこんな風につぶやいとりました…

《明日は何時ぐらいがアポカリプス(世界の終末)なの?
だいたいで良いんだけど…見当つけとくためにね。》



世界は続く!モトGPも続く!!クリックPrego
人気ブログランキングへ

POSTED COMMENT

  1. ちぇんじ より:

    この前の記事読んで、ロッシに日曜定番のパスタRigatoniとグリーンピースのパスタ作ってみましたよ。かなり美味しくて、毎週作ってしましました。でもロッシOFFは食べてないだろーな。

  2. たぁさん より:

    ねじりパスタ美味しそう!
    …ウォッカ風味というのが気になります(笑)
    写真は1人分ですか?400gはありそう…(汗)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP