MotoGP

2014オースティンGP【FP2経緯】:モトGP・モト2・モト3

モトGP『オースティンFP2の経緯』

gpone-motogp-fp2-2014americans.jpg


★オースティン戦FP2の第1ラップからマルク・マルケスはFP1で出した首位タイムに接近し、その後、どんどん削っていき最終的に2分03秒490で首位を決めた。コースレコードより1秒速く、昨年のPPタイムより0.5秒速い。また、リアにハードタイヤを履いても、ソフトの時に出した自身の記録に迫ってみせた。

★2位アンドレア・ドヴィツィオーゾ(+1.005)はスペシャルソフトタイヤを有効活用。3位はダニ・ペドロサ(+1.133)。

★アンドレア・イアンノーネがセッション序盤から高速で、4位(+1.179、ドゥカティ・プラマック)。

★4位ヴァレンティーノ・ロッシはセッション序盤はハードタイヤを試し、軽いハイサイドを起こしていた。その後、パフォーマンスを伸ばしていき、ヤマハ勢としてはトップ(+1.303)。

★ホルヘ・ロレンソは幾らか覚醒してきたようで、FP1より約2秒削り8位(+1.486)。チームメイトのロッシ選手とは0.15秒差。

★ホンダ・オープン勢トップはスコット・レディングの13位(+2.447)。
(Source:2014年04月11日 Gpone記事より抜粋)

モト2『オースティンFP2の経緯』

gpone-moto2-fp2-americas.jpg


★オースティン戦FP2、首位は2分11秒の壁を破ったヨハン・ザルコの2分10秒839。

★2位ドミニク・エガーター(+0.247)、3位エステヴェ・ラバト(+0.308)。

★イタリア勢トップはシモーネ・コルシの10位(+0.855)。

★タカアキ・ナカガミはセッション序盤早々にザルコ選手のFP1首位タイムを0.3秒削ってみせたが、最終的に8位(+0.663)。

★ハヴィエル・シメオンはセッション中盤で転倒(ケガなし)し、7位(+0.605)に留まった。

★昨年のオースティン戦の勝者ニコ・テロールは、23位(+2.117)。

★最終ラップでサンドロ・コルテーゼが激しい転倒をしたが、ケガはなし。
(Source:2014年04月11日 Gpone記事より抜粋)

モト3『オースティンFP2の経緯』

gpone-moto3-fp2-2014americans.jpg


★オースティン戦FP2は、暑い日差しの中で行なわれた。首位はスペイン人エフレン・ヴァスケスの2分13秒696。ルイス・サロムが出した記録と僅か0.3秒差。

★2位は常連ジャック・ミラー(+0.129)。3位はイサク・ヴィニャーレス(+0.579)。

★本日のサプライズはエネア・バスティアニーニの9位(+1.712)。

★イタリア勢トップはニッコロー・アントネッリの6位(+1.027)。ロマーノ・フェナーティは11位(+1.748)。
(Source:2014年04月11日 Gpone記事より抜粋)

人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP