Moto2 category

ペドロサ『あのリズムなら優勝争いできてた』、ラバト『課題が上手くいった』2014アルゼンチンGP


そう言えば、イタリア衛星放送でレース後にちょっとした解析番組があるんですがね。
それで司会の人が、「レース後のパルクフェルメで、マルケス選手の方はサウナから上がったようなさっぱりした顔をしてたが、ペドロサ選手の方は汗だくで疲労困憊って感じでしたね。」なんて言っとりましたが…
なんのなんの、なかなか力強いコメントをしとりましたぞ!

『ペドロサ:あのリズムなら優勝争いできてた』

motoblog-pedrosa-argentina.jpg


★アルゼンチン戦モトGPクラス決勝戦を2位で終えたダニ・ペドロサのコメント。
「レースは気に入りました…ただ序盤、少しタイムロスした事でダメージを受けてしまいました。その後は自力でちょっと回復したけれど。レース終盤ではリズムも良かったし、順位もいくつか上げられました。ただ、そこはそれほど重要じゃなくて…2位でゴールはしたけど、あのリズムだったら優勝争いができてただろうに。学びに終わりはないもので…多分、グループの中で走ってた時、タイヤを節約し過ぎてしまったんですね。幸い、良いセットアップが見つかってたから高い戦闘力が持てたけれど…そこはポジティブですね。」
(Source:2014年04月27日 Motoblog.it記事より抜粋)


そうそう…そのレース解析番組の司会者がラバト選手については、「あまりスペイン人っぽい顔立ちじゃないですよね。」なんて言っとりました。

『ラバト:冷静さとリズムが保てた』

as-rabat-gara-argentina.jpg


★アルゼンチン戦モト2クラス決勝戦で優勝したエステヴェ・ラバトのコメント。

【思ったより簡単なレースだった?】
「競合いになるとおもってました。でも凄く嬉しいです…良いスタートが切れたし…そこが課題だったし、第1コーナーではよく考えました。第1ラップは上手くいったし…そこもずっと苦戦していたところなんで。
その後は落ち着きを保ち、リズムを保ち、レースの間ずっと集中力を保つのは本当に難しかったです。ぼんやりしてたら、すぐにシメオンに捕らえられてしまい、ミスしないようにずっとコントロールしてなければなりませんでした。チームと一緒に良いタイヤ選択をしたし…難しかったんですよ。チームと一緒に良い仕事をしたし…PPに優勝でしょ、それにヘレス戦に向けてもね。楽しみですね…あそこでは初優勝を飾りましたから。」

【なぜ今まで序盤で苦戦を?何か変わった?】
「今回は単純に心地よかったんですよ…以前は燃料満タンの状態が好みじゃなくて…でも、本当にそのせいなのかどうかは分かりません。去年はサーキットによっては良いスタートが切れたんで…だから、コースによるのかもしれません。」

【タイヤを懸念してたようだが、最後にトップスピードを出していた…】
「序盤5周のせいで、タイヤ選択に問題を抱えてたんです。幸い、持ってくれてたし、ボロボロになりませんでした。最後まで持ち堪えられましたね。」

【ヴィニャーレス選手がポイント0だったが…ちょっとホッとした?】
「いえいえ、全然ホッとなんてしてないです。このままの調子で進みます。今はチームメイトのカリオが追って来てるんで、同じように作業を進めて行きます。」

土曜日は疝痛に苦しんでいたが…その後は?】
「大丈夫でした。土曜日にもらった薬だけで…後は何も飲む必要はなかったです。」
(Source:2014年04月27日 Diario As記事より抜粋)




[amazonjs asin=”476126859X” locale=”JP” title=”「学び」を「お金」に変える技術”]

ヘレス祭りクリックPrego > 人気ブログランキングへ

POSTED COMMENT

  1. amber より:

    ヘレス祭り……
    ロッシ、イアンノーネもがんばれ!
    ついでにドビィもクラッチローも

  2. casey より:

    ダニ?まるっきり興味ありませんが?ってゆうかまだいたのwww

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP