Moto Racing | Japan

2014鈴鹿8耐『走れるなんて思ってもいなかった』ロレンツォ・ザネッティ


『ザネッティ8耐:驚異的だった』



★2014年7月27日に開催された鈴鹿8時間耐久レースで、ホンダの『FCC TSR』チームのサードライダーとして参加していたイタリア人ライダー、ロレンツォ・ザネッティがチームメイトのコウスケ・アキヨシの転倒により出走のチャンスを掴んだ。なお、ザネッティ選手がコースに下りた時、同チームは既に50位まで落ちていた。

★ザネッティ選手のコメント。
「初めての鈴鹿8耐は、信じられないような経験となりました。コースに出られるなんて思ってもいなかったんで、なおさら信じられなかったです。こう言う風に終わってしまったのは惜しかったですが…(ジョナサン)レイもアキヨシも素晴らしい仕事をしてましたから。」

★優勝はホンダの『MuSASHI HARC-PRO』チーム(タクミ・タカハシ、レオン・ハスラム、マイケル・ファン・デル・マーク)が獲得した。

★『FCC TSR』チームでは2年連続して、首位を走行中の転倒となってしまった。

★同レースは悪天候に見舞われ、スタートを1時間遅らせるほどだった。濡れた路面により転倒が多発し、アキヨシ選手もまたその内の1人だった。

★アキヨシ選手は周回遅れの選手を捕らえようとしていた際に転倒。大腿骨骨折にも関わらず、マシンをボックスまで押し戻した。
2014年07月27日Motosprint記事参照)


あっ、皆さん、もう早々に空港に行ってたみたいですねぇ。
え〜と…一番左端で帽子を被ってるのがザネッティ選手ですね。



[amazonjs asin=”B00L7Q2OGY” locale=”JP” title=”Coca-Cola(コカ・コーラ)ゼロ×鈴鹿8耐 メタルプレートキーリング 37th”]

来年は晴れてねクリックPrego > 人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP