MotoGP

ロッシ13位『問題山積みで心配』2014シルバーストーンGP


『ロッシ:フロントに問題山積み』

motoit-rossi-silverstone.jpg


★シルヴァーストーン戦FP2を13位で終えたヴァレンティーノ・ロッシのコメント。
「上手く行くんじゃないかと思っていたのに、もの凄い後ろになってしまった。
今日は厳しかった…もっと速くて、戦闘力も高いと思ってたんですよ。FP1は素晴らしいってほどじゃなかったが、最悪ってわけでもなかった…マルケス以外からは、それほど離されてなかったですからね。フロントのフィーリングが掴めなかったんですよ…それで、重量配分に手を入れたんです…コーナー進入を良くするためにね。その結果、状況を悪化させてしまいました…チャタリングもかなり出てきてしまって。他のモディファイもいくつかしたんですが、残念ながら上手く行くのかどうか検証してる時間がなかったんです。ソフトタイヤで(ブラッドリー)スミスが好タイム(4位)を出していたが、実際のところ、エスパルガロもロレンソもどっさり問題を抱えていた。もっと上手くいくと思ってたんですけどねぇ。」

【FP2では何が上手くいかなかった?】
「フロントはずっとミディアムタイヤで、リアはハードタイヤで走ったんですが…多分、ソフトを履いていたらもっと上手くいったんじゃないのかなぁ。ただ、これだけ問題が山積みだとソフトを履いても無駄だと思ったんで…明日の為に取っておいた方が良いでしょ。フロントのミディアムがかなり大問題で…ただ、これがレースで使わなければならないタイヤだと思ってるんでね。それでミディアムにこだわったんですが、コーナー進入でどっさりタイムロスしてしまって。反対に、ここではホンダ機がかなり強い走りをしてるんです…ブラドルやバウティスタ、マルケスのタイムを見れば一目瞭然ですよ。マルケスのライディングスタイルなんかだと、どっさり路面に穴があっても気にならないんですよ。」

【このギャップは、どうにかできそう?心配してる?】
「ええ、心配してますよ。ここで、2013年のタイヤでヤマハ機の戦闘力は高かった…それが2014年タイヤはエッジが固くなってるんでマシンは後ろがかなり滑るんですよ。ただ、僕にとっての最大の問題はフロントの方で、リアじゃないから。あれ以上の無理をしたら、転倒する感じでしたね。」

【左手の小指の具合は?】
「けっこう良くなりました。局部麻酔をしなくても良かったから。」
2014年08月29日Moto.it記事参照)


あの…レース経緯の方にも書きましたが…
もし明日、雨になってしまった場合、ロッシ選手もロレンソ選手も予選1から始めなければならず…
以前、ヘイデン選手が「予選1と2の両方に出る選手にはソフトタイヤを余分に供給すべき」と提案して却下されてたんですが…
つまり、予選1で勝ち残っても、予選2では武器なしで戦わなければならなくなるわけです(涙)



[amazonjs asin=”B00JO2HNGO” locale=”JP” title=”MotoGP 14 (PS3) (輸入版)”]

強力てるてる坊主クリックPrego > 人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP