CEV

2014 スペイン選手権(CEV) バレンシア【モト3決勝トピックス】


さて、世界選手権の登竜門と言われているスペイン選手権(CEV)モト3クラスの最終戦が、11月16日にヴァレンシアで無事終了しました!
いきなり言っちゃうと、日本人の尾野弘樹選手がみごと総合3位を獲得しております♡
まぁ、その辺の話は後ほど詳しくご紹介するとして…

[下記写真はBruno Performance Facebookより抜粋]
ono-brunoperformance2.jpg

え〜と…今回のCEVモト3クラス予選は、なんと57選手が参加しまして…
某イタリアサイトによると、そのうち44名が決勝レースに参加できると言うことなんですな。
で、とにかく大人数なもんだから、予選もAグループとBグループに分けて、最終的にその総合で順位を出したんだそうです。
予選結果は、PPがアレイシ・エスパルガロ選手チームのガブリエル・ロドリーゴ選手で…
2位が、来年からホンダ機で世界選手権昇格するホルヘ・ナヴァッロ選手。
3位は、ナヴァッロ選手と一緒のチームで昇格するファビオ・クアルタラーロ選手でして…同選手は、既に総合優勝も決まっております。
クアルタラーロ選手って、お父さんがシチリア出身だそうで、ご本人はフランス国籍。
フランス語はもちろんスペイン語もぺらぺら…ってことは、おのずとイタリア語もペラペラなんでしょうねぇ。
名字の方は、一応、当ブログでは『クアルタラーロ』って書いてますが…
あくまでもイタリア発音なんで、フランス発音の方を優先すると、もっと複雑な感じです(汗)

ちなみに、ヴァレンティーノ・ロッシ選手の異父弟ルーカ・マリーニ選手は、今回は2014年の世界選手権で使用されたモト3マシンに乗ってまして…
イタリア勢トップの7位グリッドをキープしておりました。

んで、レースの方は…結局、こんな感じ。

『クアルタラーロ:CEVから、例外で世界選手権へ』

cev-valencia-motosprint.jpg


★スペイン選手権(CEV)ヴァレンシア最終戦モト3クラスは、レース1・レース2ともにファビオ・クアルタラーロのダブル優勝で幕を閉じた。クアルタラーロ選手は全11レース中9レースで優勝し(残る2レースは2位)、同選手権での2回目の総合遊手を果した。
同選手は来季より『Estrella Galicia Honda』チームから、世界選手権へ参戦する。なお、チームマネージャーはエミリオ・アルサモーラ。

★世界選手権への参戦は16才以上とされており、クアルタラーロ選手は2015年4月20日に16才の誕生日を迎える。通常ならば、同選手は序盤の3戦に出場できない事となるが、今年より特別措置が設けられ、スペイン選手権で総合優勝した選手は16才以下でも参戦できる事となった。
なお、2002年にホルヘ・ロレンソが世界選手権125ccクラスにデビューした際には、この年齢制限により序盤2戦を欠場している。

★レース1の2位はアレクシ・マスブー、3位アルベルト・アレーナ。レース2の2位はガブリエレ・ロドリーゴ、3位ジョン・マクフィー。

★イタリア勢トップはニコロー・ブレガの4位&7位。総合順位でもブレガ選手がトップで6位。ロッシ異父弟のルーカ・マリーニは両レースとも8位。

(予選〜決勝レース〜総合ランキングの各リザルトはこちら)
2014年11月16日Motosprint記事参照)


イタリア勢はですね…
今回は故マルコ・シモンチェッリ選手のお父さんことパオロ氏が率いる『Sic 58』チームから、14才のトニー・アルボリーノ選手がワイルドカード参戦しとりました。
リザルトの方は、152cmの48kgの体躯で頑張って、予選では14位で、レース1では16位、レース2はリタイヤしちゃいましたが、なかなかですな。
あっ、そうそう…そして、ロッシ異父弟ことルーカ選手なんですが…
ロッシ地元サイト『PU24.it』によれば、2015年はスペイン選手権のモト2クラスに参戦するんだそうです。やっぱり、身長の高さで苦戦したむきもあるんでしょうな…今や、ヴァレンティーノ兄さんより大きいってんだから。


さて、お待たせしました!
我らが日本人選手なんですが、冒頭でご紹介した通り、尾野選手がみごと、総合3位を取ってくれました♡♡♡
ヴァレンシア最終戦の方は残念ながら…手首の激しい痛みにより、予選15位で…結局、レースは欠場(涙)
でも、レースでは相次ぐ転倒によりレッドフラッグで中断され、全9周で再開…なんて展開だったんで、出なくて正解ですよね。
来年の世界選手権に向け、しっかりケガを治した方がいいですよ。
そして、こちらが、尾野選手ご本人のコメント映像です。



尾野選手以外でも、日本人選手、頑張っとりますぞ!
予選では鈴木竜生選手が7位、國峰啄磨選手が18位、山田誓己(せな)選手が29位。
レースの方は國峰選手が両レースとも10位と健闘しておりました。
レース2では鈴木選手も16位、山田選手も18位と頑張っとります。
来年の世界選手権モト3クラスには尾野選手や鈴木選手らも昇格するし、日本勢もなかなか楽しみですね♡
んでは、最後に國峰選手のヴァレンシア戦後のコメント映像で締くくりますか。





[amazonjs asin=”B00JO2HNIM” locale=”JP” title=”MotoGP 14 (PS4) (輸入版)”]

これで、今年のレースは全て終了。おつかれクリックPrego > 人気ブログランキングへ

POSTED COMMENT

  1. bb より:

    来シーズン、ホント楽しみです。

    鈴木竜生選手の事はほとんど知りませんので何とも言えないのですが
    尾野選手には期待しています。

    早く来年にならんかなぁ

  2. ぼす より:

    参加台数 ひと昔前の全日本のようで盛り上がってますね
    いまとなっては すごくうらやましい環境です…

    ルーカ選手はmoto2なら速そうと思ってたので いいニュース^^

    いやはやしかし CEVのmoto3て赤旗多いですね…
    血気盛んというか 若気のいたりというか…
    年間通して ルーカ選手はそういうのに巻き込まれがちというか
    運がなかったですね

    それよりヒート2の映像では 転倒後のナヴァッロ選手、
    何台かに跳ねられた上に身動きしてなかったように見えるのですが 

    なんか 容態が心配…

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP