MotoGP

バウティスタ、flag to flagでメカニックを轢く:2016アルゼンチンGP

『flag to flagの危険』




★2016年4月3日(日)、アルゼンチン決勝戦の『フラッグ・トゥ・フラッグ』でマシン交換する際、アルヴァロ・バウティスタ(アプリリア)がピットレーンで自身のチームメカニック1名を轢いてしまった(上記映像)。

★同メカニックは膝の捻挫程度で済んだ。

★このような状況下でスタッフが轢かれるのは珍しくなく、F1でもロードレース世界選手権でも頻繁に発生している。
しかし、4輪レースの場合、スタッフはヘルメット着用が義務付けられているが、2輪レースではそのような規則はない。

★レースディレクションは昨年同様、このような状況に対応できるレベルにはないようで、モト3クラスではコースに転倒マシンが放置され、モトGPクラス決勝戦ではマルク・マルケスがマシン後部のTVカメラをぶら下げた状態で走行を続けていた(※かつてケーシー・ストーナーにも同様の出来事があった)。

(2016年04月05日『Gpone』記事参照)


この『フラッグ・トゥ・フラッグ』のマシン交換がなければ、ヴァレンティーノ・ロッシ選手に優勝のチャンスはあったのか?
詳しくは、こちらのメルマガで。
4月30日までに登録すれば無料で読めます。

【2016アルゼンチンGPまとめ その1 ヤマハ&ホンダ】[2016年04月06日 Vol. 84

●マルケス歓喜『表彰台でロッシは冷たかった』
●ロッシ:イアンノーネのドヴィ突撃を祈っていた

[amazonjs asin=”B002WC9CVW” locale=”JP” title=”ZAMST(ザムスト) IW-1アイシングセット 肘・膝・足首用 378301″]

安全大祈願クリックPrego > 人気ブログランキングへ

POSTED COMMENT

  1. motobeatle より:

    こういう映像はゾッとしますね。
    とりあえず二輪でもクルーはヘルメット着用を義務付けた方が良いでしょう。
    ジェット型でも良いしね。

    マルケスは、なんか後ろがヒラヒラしてるなと思ったら、そういう事だったんですね。
    前日、二度も転んで替えがなかったんですかね?
    ポディウムに上がった彼のレザースーツ、お尻の部分が擦れてましたねw

    あとカルが転んだ時、直後にやはり転んだエスパルガロのスズキが背中に当たるのでは?!と一瞬角度的に見えました。
    ちょっとヒヤッとしましたね。
    これは防ぎようがないか。

    でも、出来る安全は可能な限りやるべきだと思います。
    今回のアルゼンチンは特別だったという形であるべきだと。

    • maxtu より:

      危ないなぁ…
      慣れないピットストップは見てても怖いですよね。自分は未だに故 若井選手の事故死に納得出来ないし、もっと規律を厳しくしても良いと思います。

      マルケスのカメラがぶら下がってたのはスタート時にイアンノーネが振られてシートにぶつかったからですよ。G+のリプレイでも流してました。
      アレも後ろを走ってるライダーの危険性を考えればピットストップ出してもおかしくないけどねぇ。ディレクションの判断が曖昧です。

      • SEI より:

        まぁ納得いかなくてもおきてしまったことは納得しなければいけませんね

        マルケスのカメラ、通常ならオレンジフラッグ出てしかるべきですよね

  2. りゅ より:

    思わず「あああ!」と叫んでしまった。
    軽傷ですんで何よりでしたが・・・バティも焦ったでしょうね。
    確かにF1で何回か同じようなシーンを見ましたが・・・・

  3. しまうま より:

    恐ろしい映像です。減速してるとはいえ、80キロでギリギリまでブレーキングを我慢しながら突っ込んでくる重量100キロ以上のマシンを真正面で受け止めるのって根性要りそうです。

    • 666RR より:

      確か2輪はピットレーンの上限が60km/h、4輪が80km/hだったような気がします。

      どちらにせよ公道でこの速度で交通事故が起きたとして十分に死亡事故となるような速度です。

      最低限の防具なり何かしらの対策をしなければいけないとは思いますね…

    • 日本 より:

      motogpのピットレーン制限速度は60km/hじゃなかった?
      どちらにしろ、非常に危険ですが。
      マルケスの破損カメラに関しても、黒旗が出ても良いと思います。
      またmoto3のアラン選手の転倒マシンがコース上に放置されていたのは、非常にヒヤヒヤしました。
      しばらくしてマーシャルが回収に向かいましたが、黄旗が出ているとはいえ、あんな無防備な人間がコース上に出て良いとは思えません。
      悪い意味でハラハラするレースでした。

  4. ステカセキング より:

    乗り換え時にピットレーンに出るめにはロードバイク用か米軍が使っているようなヘルメットを着用すれば良いかも。

  5. nav. より:

    路面が濡れていたようですね。
    余計なピットストップルールが災いしてしまいました。

    若井さんのことを覚えてくれている方がいて気持ちが安らぎます。
    日本人ライダーのことだけではもちろんないけど、せめて沢山の感動を与えてくれたライダー達のことを記憶に残していきたいですよね。

  6. mac より:

    こんなことは、2013年からわかりそうなことだと……。
    https://itatwagp.com/2013/10/20/motogp-1947/#comment-30889

    多くのレースでコースマーシャルがヘルメットを着用していないのも問題です。
    日本GPのようにコースマーシャルについてもヘルメット(できれば保護メガネも)を義務化して欲しいです。

  7. BR46 より:

    カメラは運営がホンダに頼んで付けてもらってる物だからマルクだけがピットインは公平ではないのでは、、、ただ単にマルクが勝ったのが面白くないだけでしょ、、あいかわらず自分の応援してるライダーに一方的に都合の良いコメントばかり、、、 もっと中立的で公平なコメントを!!

    • maxtu より:

      ピットストップをさせなかった要因にチーム側のメカじゃないから、自分もそう感じましたよ。
      強制的にピットストップさせるとHONDAからのクレームで大事になるのを避けたかっただろうし。
      だから10周前後でピットイン義務になっていたから様子見にしたのでしょう。

      ただ、公平以前より人の生死に関わる危険性があるもので、排除できる可能性があるならするべきだと思いませんか?
      自分はカメラが外れたのがヴァレでもロレンソでも同じ事を言いますよ。
      時速300kmでナット一つ頭に当たればどんな事になるか想像つくでしょうに。

      危険性の対処策を感情論で中立性の話しを持ち出すこと事態に呆れて…

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP