MotoGP

マルク・マルケス、左肩脱臼:2016オーストリアGP

『マルケス:ペドロサを避けようとして転倒』

02.jpeg


★8月13日(土)、午前FP3でマルク・マルケスがペドロサ選手の後ろを走っていた際に膨らんでしまい、ペドロサ選手との衝突を避けようとして第3コーナーで転倒。自力で立ち上がり、ボックス帰還。その後、コースには戻らなかった。

★リヴィオ・スッポ氏(チームマネージャー)より左肩の脱臼が公表された。マルケス選手はスクーターでボックスに戻る途中、自力で肩を元に入れ直したとのこと。

★マルケス選手はサーキットから35kmの位置にあるレオーベン市の病院へ赴き、CT検査を受けている。時間短縮のためヘリコプターで移動する模様。

★スッポマネージャーのコメント。
「路面に叩きつけられ、左肩を脱臼してしまいました。ボックスに戻る途中、スクーターの上で自力で肩を戻したそうです。本人は『けっこう大丈夫だ』と言ってました。こう言うケガは初めてではないし、痛めた関節も過去にこの手のケガを負ってますから。今は精密検査のため病院へ行ってます。午後の予選に出られると良いんですが。」

★その後、マルケス選手が次のツイートで経過報告をした。

《ちょっとザワッとしただけ!すべてOK!マシンに乗りたくてウズウズしてるよ!》

(2016年08月13日『Gpone』記事参照)
(2016年08月13日『Motorsport.com』記事参照)

[amazonjs asin=”B0194IH7JU” locale=”JP” title=”不死身の藤波”]

お大事にクリックPrego > 人気ブログランキングへ

POSTED COMMENT

  1. ミン より:

    パネェ。自分もMMAの練習でしたことありますが自分ではめるとか無理ですわ。こりゃ予選出そうだな。

    そしてラバティは完全にGPに愛想尽かしてそうですね。来年はSBKアプリリアかな?件のイアンノーネ、そしてリンスと来年のスズキのチャラ男コンビが心配ですわ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP