MotoGP

アスパー改名、『アンヘル・ニエトチーム』に

『アスパーチーム改名、アンヘル・ニエトチームに』

1514288910_597244_1514288954_noticia_normal.jpg


★アスパーことホルヘ・マルティネス元選手(1988年125cc総合優勝)が、自身のチーム名を『アンヘル・ニエトチーム』に改名した。

★これまでは『アスパーチーム』の名で、モトGP/モト3/スペイン選手権(CEV)に参戦してきた。

★今夏に急逝したアンヘル・ニエト元選手はマルティネス元選手の友人であり、ライバルだった。

★なお、『アンヘル・ニエトチーム』のマネージャーはニエト元選手の長男ヘレーテ・ニエト元選手が務める。

★ホルヘ・マルティネス氏のコメント。
「アンヘル・ニエトは2輪レース業界を体現する存在です。このスポーツが彼をオートバイへと導き、彼自身も多くを投じてくれました。
スペインにおいて2輪レースは、礎を築いてくれた彼のお陰で存在するのです。彼の名をチームに冠し、追悼したいと思ってます。
彼のそばにいると、常に学ぶべきことがありました。アンヘルは大勢に手を貸し、私の人生においても重要な存在だったのです。彼の息子であるパブロやヘレーテ、そして、甥のフォンシも同様です。
アンヘルは私のチームプロジェクトに満足してくれていました。ヘレーテが参戦した時は『君のところで、確実に学んでくれることだろう』と言って、私に信頼をおいてくれてね。
今回は、その彼の息子が率いるプロジェクトでもって追悼できるんだから、本当に誉れなことですよ。」

★ヘレーテ・ニエト氏(1993〜97年までアスパーチームから参戦)のコメント。
「僕はホルヘ・マルティネス氏のもとで、レース業界の最初の一歩を踏み出したんです。うちの家族にとってずっと大切な人物であり、また彼のもとで…父の名前を冠したチームのもとで、プロとしての新たなスタートを切ることとなりました。
2016年は父が世界選手権に関わって50年目の年だったし、もう少しこっちに残っていたかったと思います。オートバイは父の人生そのものだったので、このチームを通じて、父の情熱は受け継がれていくこととなるでしょう。」

dr-ccvrwkaa8m3w.jpg


(2017年12月26日『Corse di moto』記事参照)
(2017年12月26日『AS』記事参照)


兄エスパルガロ寿司屋オープンとか、ロッシがサッカー選手に!?とかは、無料閲覧『note』!!

[amazonjs asin=”B00XTZWWWW” locale=”JP” title=”Ixo 1/24スケール バイクコレクション DERBI 125TWIN 1971 アンヘル・ニエト”]

[threecol_one]いいねPrego![/threecol_one][threecol_two_last]

[/threecol_two_last]

POSTED COMMENT

  1. 87 garage より:

    うん

    なるほど

    納得

    アスパはなし?

  2. 87 garage より:

    全然 良いこととは思えない!

    個人的に

  3. vtr1000f より:

    アスパはアスパ

    オーナーがぶれるとかありえない

  4. ビロポート より:

    ニエト一家、アスパー双方共、VR46と関わり強いですよね。
    これって将来ロッシがVR46でmotogpクラス参戦の枠をアスパーから買い取る下準備なのでは、、
    イタリア、スペイン両方のビジネスルートの確保も出来るし、、、

    なんて考え過ぎかな

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP