ホンダ『マルケスは手に負えないライダーではない』2018アルゼンチンGP

Pocket

『プーチ:マルケスは手に負えないライダーではない』

puig (1).jpg


★昨シーズン末に辞任したリヴィオ・スッポ氏に代わり、今年からホンダHRCチームマネージャーに就任したアルベルト・プーチ氏(上記画像)が、今回のロッシvsマルケス接触の一件について次のように語った。

【すべてはスタートグリッドから始まった…】
「マルク(マルケス)にとっては非常に込み入った1日になってしまったことと思います。
グリッドでの一件に関しては100%解明はされていないが、通常、エンジンは停止しないものであり…ただ、そうなってしまったものだから、状況のいくつかにより進行が滞ってしまい、遅延を招いてしまったわけです。
当然のことながら、(マルケス)選手はこれがベストだと思う行動をとったわけで…エンジンが正常にかかっている23名の選手が控えるなか、なんとかして安全なポジションにつこうとしていたことは容易に想像できるでしょう。
本人はマーシャルから元の位置に戻るよう言われたと思ったわけです。」

【レースディレクションはマルケス選手をグリッドから退場させるべきだったと大勢が思っているが…】
「マルクはあの瞬間、思ったことを行動したまでだし、レースディレクションはモニター映像だけで判断して決定しなければならない…容易なことではないですよ。
そのうえ、規則と言うものは時に異なる視点で解釈されることもありますからね。
重要なのは、マルクがマーシャルから指示されたと思ったことをもとに行動をとったと言うことです。成り行きで行動したわけではないのですよ。」

【しかし、この一件のせいで、その後のレースでは別件が起きてしまい…】
「アレイシ(エスパルガロ)との一件に関しては、マルクがきちんと説明していたように思います。確かに、アレイシよりもかなり速いスピードで差しかかって行き、かなり強い走りをしていました。
ヴァレンティーノ(ロッシ)との件に関しては、映像を見ていただければ明白なのですが、あのコーナーでは走行ライン上に水が流れているんですよ。マルクのフロントはロックされてしまい、ブレーキを緩めなければならず…スペースもあり、限界ギリギリの状態だったわけではないが、あいにく、ヴァレンティーノと接触してしまったんですね。それで、彼は転倒となってしまったわけだが。
我々としても同件については心から残念に思っているが、ただ、あくまでもレース上の事故でしょう。
当然のことながら、このような状況ではレースディレクションにしろ各選手にしろ、各種解釈も出てくるわけです。もちろん、我々としては自分のところの選手の言い分を信じますよ。
ヴァレンティーノは経験豊富なライダーであり、レースにはある種の事柄が付き物だと言うことは良く知っているわけです。トラックが難しいコンディションの時は特にね。
今回の件については本当に残念に思ってはいるが、ただ、その一方で、我々としてはうちの選手が手に負えないようなライダーだとは思っていません。
あれは、コンディションのせいで非常に滑りやすくなっていたトラックで起きてしまったレース上の事故だったんですよ。」

【ゴール直後、ロッシ選手のボックスに謝罪に赴いたものの拒否され…】
「私も元2輪レーサーですからね…もちろん、ヤマハやヴァレンティーノが腹を立てていたことは理解できます。ただ、誰にでも起き得ることですから。
レース後、マルクがボックスに戻って来た途端、開口一番、『謝りに行って、何がどうなっていたのかきちんと説明して来たい』と言ったんですよ。それで一緒について行ったところ、(ヤマハサイドから)帰るように言われたわけです。気持ちは分かります。
我々としては、今のところ、それ以上のことはできませんからね。とにかく、理解していただき、こちらの謝罪を受け入れてもらえればと思ってます。うちの選手のミスではなかったとは言え、結局はヴァレンティーノの転倒を招いてしまったのですから。」

【プーチチームマネージャーとしては、今後、どうするつもり?】
「マルクになんらかのアドバイスが必要だとは思ってません。6回タイトルを獲得してるライダーに向かって、私に言えるようなことはないでしょう。
唯一あるとすれば、それは『レース優勝を目指せ』でしょうね。」

(2018年04月09日『Gpone』記事参照)


ロレンソ特製シートとか、電動バイクレース初会合とかのカタールGPこぼれ話は、無料閲覧『note』で!!


いいねPrego!

Ad & Relation Links

, , , , , ,

26 Responses to ホンダ『マルケスは手に負えないライダーではない』2018アルゼンチンGP

  1. 2018年4月10日 at 1:18 AM #

    故意じゃないのは理解するが、あの速度で曲がれたとは思えない。
    あのコーナー進入のデータ開示すれば?

  2. 半世紀 2018年4月10日 at 1:30 AM #

    改ざんデータが出るだけでしょ?
    トップチームのマネージャーもこのような認識だとしたらディレクションの良識が最後の砦ですね!
    この親にしてこの子在り‼️

  3. イヤン能年 2018年4月10日 at 1:33 AM #

    >うちの選手のミスではなかったとは言え、結局はヴァレンティーノの転倒を招いてしまったのですから

    ??

    マルケスのミスじゃないとおっしゃるんだ

  4. good job cal 2018年4月10日 at 1:37 AM #

    かなり無理のある弁明だけど、チームの人間なんだからマルケス側に立ったコメントするのは当然。
    関係者も苦しい立場でしょう。

  5. 中本の北極 2018年4月10日 at 4:02 AM #

    ホンダさん、例の開発中の蹴られてもぶつけに行っても倒れないバイクを早く市販化してください!
    マルケスのノウハウがつまったレースモデル楽しみにしてます。
    今年もモトGPで開発データ収集御苦労様です!
    手に負えないとは思ってません、データ収集ですよね?

  6. ヤマハ 2018年4月10日 at 6:07 AM #

    6回タイトルを獲得してるライダーに向かって、私に言えるようなことはないでしょう。

    相撲協会かよ。

  7. FG 2018年4月10日 at 7:27 AM #

    オホンダ様を盲信するふりは楽で簡単で頭を使わなくていいからね。レイニー、シュワンツが去りあんなに盛り上がったGPがあっという間に魅力を無くし、ようやくカリスマが表れたと思ったらこんな終わり方ですか、ミシュランとホンダにいいようにされてGP500の最後期がどれだけ惨めな興行だったか、これから残念なことが続きそうですね。

  8. maxtu 2018年4月10日 at 8:07 AM #

    故意で接触はしないし、ミスがあったのも認めてる

    それで?

    みんなが感じてるのは例えばあれがペドロサならここまで大きな問題になってないこと。
    素直にスタートの焦りからおかしくなり、今回の件は全て非があったと認める事から始めないと誰も聴く耳をもたないよ

  9. 2018年4月10日 at 8:37 AM #

    マジかよホンダ、最低だな!

  10. チンチラ 2018年4月10日 at 10:21 AM #

    ほんと ポジショントークって恥ずかしいですね。アハッ

  11. 中本の北極 2018年4月10日 at 11:36 AM #

    マルケスと握手する時は体もぶつけるのをセットにしたいな。マルケス流って感じて良さそう!

  12. 熱燗 2018年4月10日 at 1:10 PM #

    マルケスのミスでしょ、周りに配慮をしないという。

  13. メラニン 2018年4月10日 at 2:26 PM #

    ミスじゃない、仕方のない接触という言い分なんですから、30秒加算のペナルティは不服ですよね?マルケス本人やチームのそこについてのコメントってないのかなあ。凄く知りたい。

    • FG 2018年4月10日 at 4:11 PM #

      だからその言い訳が聞き飽きてるってことで、好き勝手やって責任転嫁をしてるのを許すということは同じことを繰り返しつづけるということでね、観客はシラケるよ。
      1990年代のオーストラリア人が無駄に勝ちつづけて誰も見なくなった頃に戻って欲しくないだけですわ

  14. Montagnya 2018年4月10日 at 5:04 PM #

    ホンダらしいと言えばらしいね
    心底軽蔑する

  15. トニー 2018年4月10日 at 5:49 PM #

    みんな~~

    F1みよーぜ~~~

  16. FG 2018年4月10日 at 6:36 PM #

    この状態のMOTOGPを運営側として、関係各社として商業的に維持し続けたいならロッシに穏便に勇退していただく以外に考えられないのだが、もう一回勝ってもらいレジェンドを残しシュワンツに続く46を欠番にしご満足してご退場いただき残る現役で次世代の英雄の誕生をという流れがMOTOGPで利益を得ている全員のHAPPYにつながるのに何故こんなウンザリする展開になっているのか。

  17. FG 2018年4月10日 at 7:19 PM #

    それはドゥーハンの後、インチキタイヤを使わせてやりヤマハに移ってまでもコントロールドタイヤを回してチャンピオンにしてやったにもかかわらず当時F1でブリジストンとやりあっていた微妙な時期にF1のミシュランに批判的なコメントを出したところから急転直下、全く逆の待遇にすることで選手生命を終わらせようと画策するもロッシはブリジストンにくら替えして勝利してしまう、積年の恨みからロッシのキャリアを傷つける方法以外を考えていないミシュランと

    • chimazo 2018年4月10日 at 7:36 PM #

      dareka tuuyaku tanomu

      • ジベルナウ 2018年4月12日 at 2:29 AM #

        suman ore niwa muri da
        naniga iitainda?

  18. FG 2018年4月10日 at 7:38 PM #

    電子制御スロットル過渡期に起きた加藤大二郎の事故の揉み消し方に不信感を持ち勝つためのあらゆるお膳立てを蹴ってヤマハに移りミシュランのタイヤを使ってチャンピオンまで持って行ってしまわれたホンダという世界選手権の二大マフィアのメンツのため、ただそれだけなのが腹立たしい。
    ロッシはとにかくロッシ自身を尊重しない存在には相手が大企業であっても選手個人であっても猛烈に反発してきたわけでミシュランがダメタイヤを渡さなければ今頃引退してたじゃないかと思う。

  19. 吉秋 2018年4月10日 at 9:52 PM #

    ホンダ?クソだな。
    逆の立場ならむちゃくちゃ相手を非難するんだろ?
    マルカスをクビにしん限りホンダ車は買わんわ。

  20. 999s 2018年4月10日 at 10:16 PM #

    今シーズンも酷くなりそう。
    もっと、カッコいいライディングで相手を抜き去り、ファンもアンチも黙り込むような圧倒的な技の見せ合いというんは無理なんすかね。
    マリオカートを観たいんやないんやけどな。
    しでかした事を正当化したり、そんなのは政治家だけでええわ。

  21. ハマカモメ 2018年4月12日 at 5:21 PM #

    レースディレクションとマルケスが『間違った』事がすべての始まりなのだから、
    ○ディレクションが『即刻黒旗出すべきでした』と謝罪
    ○ホンダは選手コントロールできないなら沈黙すべし
    ○ホンダは自主的にマルクにペナルティー課すべき
    ○ドルナやFIMは下位カテゴリー時代から云われてきた『満員電車で他人に寄っ掛かって寝てる作戦コーナーリング』に対して即刻警鐘を鳴らすべき
    類似ケースで怪我人出てるのに放置はあり得ない

  22. 87garage 2018年4月12日 at 7:34 PM #

    贔屓目に見ても このタイミングでこの発言はない。

    プーチさんも まだ新米だけど学習なさい(笑)

    HRCはホンダと別会社だけどホンダの看板背負ってるからね。

    もう少しオフィシャルなコメントする練習しゃ。

  23. 87garage 2018年4月12日 at 9:40 PM #

    iya nantoka shiyouze

コメントを残す

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Top