2018 ザクセンリンクGP【モトGP:FP3リザルト&トピックス】

Pocket

motogp-german-gp-2018-andrea-i.jpg

『2018 ザクセンリンク モト3 FP3トピックス』

★7月14日(土)、ザクセンリンク戦(今季9戦目) モト3クラスのFP3が行われた。

★予選1行きはドヴィツィオーゾ、ザルコ等。

★アンドレア・イアンノーネ(スズキファクトリー、1’20.438)。前ミディアム/後ソフトで記録。金曜FP1も首位。
チームメイトのアレックス・リンスは9位(+0.352)。

★2位ダニーロ・ペトルッチ(ドゥカティ・プラマック、+0.099)。セッション前半はロングランをし、レースに向けてタイヤ消耗に関する作業をしていた。
チームメイトのジャック・ミラーは13位(+0.712)。

★3位カル・クラッチロー(ホンダLCR、+0.177)。前ハード/後ソフトで記録。ペースはいまいち。
チームメイトのタカアキ・ナカガミは16位(+0.894、ルーキー)。

★4位ヴァレンティーノ・ロッシ(ヤマハファクトリー、+0.281)。セッション前半はレースペースに集中。路面温度が低かったおかげで好タイム記録。
チームメイトのマーヴェリック・ヴィニャーレスは7位(+0.335)。

★5位アルヴァロ・バウティスタ(ドゥカティ・アンヘル・ニエト、+0.292)。サプライズ。一瞬、首位に立った。
チームメイトのカレル・アブラハムは23位(+2.099)。

★6位マルク・マルケス(ホンダファクトリー、+0.296)。とにかく、ペースはダントツ首位。
チームメイトのダニ・ペドロサは10位(+0.430)。

★8位ホルヘ・ロレンソ(ドゥカティファクトリー、+0.337)。昨日の自己ベストより0.1秒速い。
チームメイトのアンドレア・ドヴィツィオーゾは11位(+0.477)。一連のタイムアタックでは、第8コーナー進入でリアタイヤが2回も滑っていた。
ドゥカティではレース後半の戦闘力を上げるべく、タイヤ消耗に関して作業している。そのため、ドヴィ選手のマシンの後部とシート下部に荷重をかけ、リアタイヤが損耗しないようにした。

★12位アレイシ・エスパルガロ(アプリリアファクトリー、+0.665)。トラック上で減速したため、マルケス選手と言い合いになる。
チームメイトのスコット・レディングは18位(+1.086)。

★14位ブラッドリー・スミス(KTMファクトリー、+0.841)。
チームメイトのポル・エスパルガロは17位(+1.001)。
ミカ・カリオ(ワイルドカード、テストライダー)は昨日の転倒でバリアとマシンの間に挟まれ、打撲を負い、本日セッションも日曜レースも棄権。

★15位ヨハン・ザルコ(ヤマハテック3、+0.862)。

★20位ステファン・ブラドル(ホンダ・マークVDS、+)。モルビデッリ代役。モルビデッリ選手はFP1にはさんかしたが、中手骨骨折が完治しきっておらず、痛みが酷かった。

★タイヤ選択に関しては、今のところ、大半の選手が後/ハードを却下している(数周でパフォーマンスが落ちてしまう)。ミディアムかソフトにするのが妥当な模様。

(2018年7月14日『Gpone』記事参照)
(2018年7月14日『Motorspot.com』記事参照)


『2018 ザクセンリンク モトGP FP3リザルト』

motogp-fp3-2018germania.jpg


『2018 ザクセンリンク モトGP FP総合リザルト』

motogp-fp3-2018germania-CombinedPracticeTimes.jpg


ロッシ選手の新しい彼女さんが遂に沈黙を破り、「愛し合ってますがなにか?」って言った話とかは無料閲覧『note』で!!


いいねPrego!

Ad & Relation Links

, , , , , ,

No comments yet.

コメントを残す

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Top