未分類

メランドリ、ドゥカティと関係緊迫『2011年以来、チャバッティと口を利いてない』

『メランドリvsドゥカティ緊迫:2011年以来、チャバッティと口を利いてない』

gettyimages-870229844-630x415.jpg


★2019年、マルコ・メランドリ(36才)の後任としアルヴァロ・バウティスタ(33才)がドゥカティ・アルーバチームよりSBK参戦する。

★メランドリ選手が先日、パオロ・チャバッティ氏(ドゥカティ・スポーツディレクター)と以前から対立関係にあったことを明かした。

「ドゥカティから、『うちのチームのいずれにも、君のシートはない。たとえ、プライベートチームでもない。』と言われました。
なぜそこまでドゥカティの不興を買ってしまったのか分かりません。ドゥカティに訊いた方が良いんじゃないんですか。
パオロ・チャバッティとは2011年を最後に口を利いてないんですよ。チャバッティが『Infront(SBK世界選手権レースディレクター)』の仕事をしていた頃です。
あの当時は反りが合わなくて…僕はSBKにセーフティコミッションを導入しようとしてたもんだから。チャバッティは、選手がレースディレクターに意見するのを好まなかったんです。
ニュルブルクリンク戦で土砂降りになった時、僕とユージン・ラヴァティがレースを中断するよう挙手をしたことがあるんです(※当時、両選手はヤマハでチームメイトだった)。ジョナサン・レイなんか、直線コースで転倒してしまってねぇ。
でも、後からチャバッティに言われたんですよ…『君とラヴァティがレース中に挨拶でもしてるのかと思った』って。
このこと以来、チャバッティとは口を利いてないんですよね。」

★なお、2017年夏にドゥカティがメランドリ選手と2年契約を交わした際、チャバッティ氏は同社のスポーツディレクターだった。

(2018年09月11日『Corse di moto』記事参照)


バウティスタ選手はメランドリ後任となったわけですが、実は、背後に大人の事情があったって話は無料閲覧『note』で!!

[amazonjs asin=”4883998304″ locale=”JP” title=”誰とでも 15分以上 会話がとぎれない!話し方 66のルール”]
[threecol_one]いいねPrego![/threecol_one][threecol_two_last]

[/threecol_two_last]

POSTED COMMENT

  1. 東横線 より:

    ロレンソ放出を進言したのもチャバッティじゃないの?

  2. ごぱん より:

    ロレンソ放出はクラウディオ・ドメニカリの意向だったかと

  3. TTSY より:

    デビュー時の勢い、期待と反比例した波乱万丈さですよね…。
    密かに応援したくもなりますが、でもいわゆる「虐められる方にも原因がる」ってやつが何かあるのかな…!?

  4. kaz より:

    どこの世界にも権力笠に着て横暴極める阿呆は居る物で

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP