Moto2 category

フェナーティ事件:暴行未遂容疑で検察が捜査開始

『フェナーティ:暴行未遂により捜査』

sospensione-romano-fenati-le-motivazioni-della-decisione-fmi__730__00054751-630x415.jpg


★9月9日(日)、ミザノGPのモト2クラス決勝戦で、ロマーノ・フェナーティ(マリネッリスナイパーズ)がステファノ・マンズィ(フォワード)のブレーキを故意に引いてマシンを停止させようとした。

★この度、ミラノ検察は暴行未遂容疑として捜査を開始し、フェナーティ選手は取り調べを受けた。

★9月10日(月)に『Codacons(イタリアの環境、ユーザー権利、消費者のための保護団体)』がリミニ検察にフェナーティ選手について殺人未遂容疑の報告書を提出しているが、今のところ、同報告書とは別件として捜査されている。

★同捜査はミザノ警察が担当しており、今後はレース映像を入手、ステファノ・マンズィの取り調べが行われる予定。

★フェナーティ選手は同件により所属チームから解雇され、来季の契約も破棄された。
また、FMI(イタリア2輪協会)からはスピードライセンスを剥奪された。

★FMI(イタリア二輪協会)の連邦裁判所がローマで公判を開き、フェナーティ選手の証言を聞いたうえで『FMIエリート・ライセンス』剥奪を決定した。

★フェナーティ選手はミザノ決勝戦の途中に失格処分を受け、レース後には2戦出場停止処分(アラゴン、ブリーラム)が加えられていたが、最終的に6戦出場停止が科せられた

(2018年09月26日『Gpone』記事参照)
(2018年09月26日『Corse di moto』記事参照)


かつて、フェナーティ選手に目をかけ育て上げようとしていたロッシ選手が、ミザノでの事件後、苦々しい様子で、
「うちにとって、失敗例です」とコメントしていました。
詳しくは、こちらでどうぞ。

【2018ミザノGPまとめ その2 ヤマハ&フェナーティ事件】[ 2018年9月19日 発行 Vol. 204

●ロマーノ・フェナーティ事件まとめ
・ライセンス停止、殺人未遂容疑、FIM召喚
・フェナーティの言い分
・ステファノ・マンズィの言い分
・ロッシ「フェナーティは、うちの失敗例」
・各選手コメント
・フェナーティ擁護派:バウティスタ、ミール、エリアス
・フェナーティ家に殺害脅迫
・今年のフェナーティ代役は?
・来年のフェナーティ代役は?

『note』の『Vol. 204』を1本だけ読みたい人は100円(外税)!

『note』09月分マガジンは4本300円(外税)!

『note』07~09月分季刊号マガジンは12本820円(外税)!

プリペイドカードも利用可能!

[amazonjs asin=”4334043410″ locale=”JP” title=”検証 検察庁の近現代史 (光文社新書)”]
[threecol_one]いいねPrego![/threecol_one][threecol_two_last]

[/threecol_two_last]

POSTED COMMENT

  1. TKM より:

    えええええ・・・

  2. カル より:

    6戦出場停止で収まったかと思いきや、イタリア国内だけがぶちギレまくるという構図。
    母国で四面楚歌だなんて悲惨の一言でしかない。

  3. maxtu より:

    自国のライダーが国内で起こした事案で大きな騒動になってるから世論的に動かないと各方面にしめしがつかないんだろうね

    イタリアのニュースやテレビ番組で連日流されてるのかな?
    それだけGPの注目度が高いんでしょうね
    日本では想像つかないほど

  4. 87 garage より:

    日本で言うと…

    少しかけ離れてるけど…

    日大アメフト部の件に近いのかな?

  5. Nobby より:

    同感です。

    それだけ注目が高いのでしょうね、イタリアにおけるMotoGPは。
    この一連の騒動は場所がミザノであったためにこれだけ大きくなったように感じています。

    多くの子供が夢と憧れを持っている見ている最中にあの行為を犯してしまったことは、やはり協会としては黙っておけなかったのでしょう、海外から批判が入る前に。。。。

    ブチキレての行動がアレでしたが、才能あるライダーだっただけに残念です。

  6. THE 毒ター より:

    昔の皇帝によるロッシへの肘打ちも結構なもんだったと思うけどなぁ…その後ロッシが中指立てながら追い抜いたやつ。

  7. Z1 より:

    肘でグラベルに追いやった奴ですね。ポジション取りですし、今回とは違ってそれこそよくあることだと思いますが、かなーり露骨だったのとカメラでばっちり撮られてましたね。また中指ではなく人差し指を振って、そんなん通用しねーよ!という感じのサインだったと思うのですが。個人的には名場面に入ると思います。

    • THE 毒ター より:

      リプありがとうございます(^^)
      名場面か迷場面か…w

    • THE 毒ター より:

      あ、まさにここにありましたw
      https://itatwagp.com/2013/12/16/motogp-2086/

    • maxtu より:

      アレがよくあるポジション取りなのだろうか?
      2人の関係性から察すればビアッジに多少の悪意はあっただろうし、事実あの後で殴り合いになってるんだから

      ヴァレが何事もなくさらっとオーバーテイクでやり返したから伝説になったけど、GP500のモンスターマシンで鈴鹿の狭いランオフエリアを思えば今でもゾッとしますけどね

      当時イタリアの帝王だったビアッジと、新進気鋭で生意気なクソ坊主だったヴァレとの力関係で不問だったんでしょう
      まぁ、この年を境に2人の力関係が変わったのだからそういう意味でのポジション取りはヴァレが優ったと言えるけど(笑)

      • THE 毒ター より:

        あははw
        確かにマウントポジションは取れましたねw

        そして今度は生きる伝説と肘擦り王子が…これも因果応報なのでしょうか…。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP