MotoGP

ヤマハが最新マシン4機投入、クアルタラローにも提供

『ヤマハが2019年版マシン4機投入、クアルタラローにも提供』

★今季よりモトGP参戦するファビオ・クアルタラロー(ペトロナス・ヤマハSRT)にも、ヤマハM1機の2019年版が提供される。

★当初、クアルタラロー選手には型落ち機(2018年版)が提供される予定だったが、ぎりぎりになってヤマハが2019年版に変更した。
つまり、クアルタラロー選手はチームメイトであるフランコ・モルビデッリと同じマシンが提供されると言うことである。

★ただし、モルビデッリ選手にはシーズン中に開発された新パーツも提供される(※ファクトリー選手より2戦遅れで提供される模様)。

★また、クアルタラロー選手はシーズン中に使用できるエンジン数もモルビデッリ選手より少ない(※寿命を長引かせるため、クアルタラロー選手は回転速度低めで使用される模様)。

(参照サイト google 翻訳:『Motorsport.com』)


ロッシ&ビアッジ、ホンダ初テストの思い出話は無料閲覧『note』で!!

[amazonjs asin=”B012LYXU5E” locale=”JP” title=”ヤマハ(YAMAHA) スクウェアキーホルダー YAK18 BL 90792-K0042″]
[threecol_one]いいねPrego![/threecol_one][threecol_two_last]

[/threecol_two_last]

POSTED COMMENT

  1. ニダール より:

    テック3・・・
    ザルコ・・・

  2. gsax3 より:

    ,ソノートのミシュランへの口添えの見返りか??!
    単なるミシュランの顔色お伺いか?
    有望株には違いないけど…

    データ増えるのはメリット

  3. 与潘笊子 より:

    まぁデータ収集には有利ですね。TEC3時代に行うべきでしたね、誰かが反対したんだろうけど、ヤマハは遅すぎる対応。

  4. ホルジャン より:

    モルビデリと、後にVR46のMotoGPチームのベースになるであろう、ペトロナスに最新型が提供されるのは、
    まあ多分に、ヴァレの意向が働いているのでしょうね。

    別にそれが悪いということではないけれど、
    是非ともザルコとポンシャラルさんには、それを見返して欲しいという気持ちは、あります。

  5. ヤマ派 より:

    長年のヤマハファンですがテック3と所属したライダーたちが不憫でなりません。

    • ふんばるまん より:

      tech3やザルコ選手をKTMに持っていかれて、それに焦ったYAMAHAが同じ轍を踏まぬようサテライトにもワークスマシンを提供するに至ったとも言えるかもしれません。

  6. てんこもり より:

    でも昨日のテスト初日は型落ちマシーンを使ってましたね。最新パーツの支給の数も制限があって温存したのかな。

  7. ジージ より:

    本当にザルコはついていなかったねえ。

  8. TK より:

    このニュースみて確かに「なんじゃそれ」と思った。。TECH3の一件があったからこうなったのか真実は解らない。まぁもう新体制なんだから先の事を見ていくしかない、ポンさんやザルコが選択した道で後悔だけはして欲しくない。。頼むよKTM。。資金はあるはずだ(笑)

  9. へほへも より:

    モルビデリにまでワークスマシン渡したらクアルタラローの為だけに旧型のパーツ作る方がよっぽどコスト高なんじゃね?じゃあデータも取れるからもう全部同じマシンにしてやろう
    けど予算あるからエンジンとか少な目でね…みたいな

  10. 87 garage より:

    ホンダは何故 タカに新型を…

    今シーズン後半で差がでるかも…

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP