MotoGP

ヴィニャーレス『もう2年も同じ謎を抱えている…』2019アルゼンチンGP



『ヴィニャーレス:もう2年も同じ謎を抱えている…』

★3月31日(日)、アルゼンチンGP決勝の最終ラップでマーヴェリック・ヴィニャーレス(ヤマハファクトリー)がフランコ・モルビデッリに追突されて転倒リタイヤとなった。

★ヴィニャーレス選手のコメント。

「今週末は残念でしたね。ウォームアップの時はマルケス並みのリズムが出ていたのに、レース本番では約1.5秒も落ちてしまい…いったいどう説明して良いものやら。
トップ陣と戦えるだろうって気持ちでアルゼンチン入りしたのに、結局、苦戦してしまってね。
もう2年も同じ謎を抱えて、いまだに答えが見つからないんですよ。」

【そのうえ、レース終盤ではモルビデッリ選手に追突されてしまい…】
「映像を見返してみたんですが…単純なレースアクシデントですよね。最終ラップでありがちな事故だし、もしかしたら、いつか僕がやってしまうかもしれないし。」

(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)


なぜヴィニャーレス選手は1周タイムが速いのかって話は有料閲覧『note』で!!

POSTED COMMENT

  1. ジージ より:

    あのアクシデントでマーベリックの対応は立派だった、パドックでセットが出ないときも、もう少し冷静に判断できると結果も出るように思うけど、難しいのかなぁ。
    それとM1と自分の特徴を生かした走りを見直してみたら、混線からの抜け出しが可能になるのでは?
    周りに合わせて走るから、苦戦するように見える。
    アルゼンチンのバレの走りは参考になるはず。

  2. zep より:

    あんな風にぶつけられても相手を気遣えるのはちょっと良いシーンでしたね。

    マーベリックはマシンを速く走らせることの才を持っていることは間違いないのですが、中々それがレースに繋がらないのがもどかしい。

    マルクとのバチバチのバトルとか見たいんだけどなぁ。

  3. maxtu より:

    モルビデッリに何か言ってるのが気になってたけど転倒直後に冷静に気遣えができるとは偉い

    速さはあるけど自分のラインから外れると苦戦するのと、オーバーラップも上手くないんですよねぇ
    じゃあロレンソみたいにスタートダッシュを磨いて逃げに持ち込めばいいんだけど、重い車体が苦手なのか?タイヤが温まらないとダメなのか?序盤の弱さも克服しないとなんともならない
    これではいくらPP獲ってもYAMAHA、クルー達の信頼は寄せ難いだろうな
    ヴァレと真逆なんですよね

  4. 修羅朱種酒 より:

    ライディングに対する悩みは相変わらずだけど、アクシデントに対し冷静で相手を気遣えるあたり精神的に成長してるようで。
    暗闇から脱せるのは案外早いかも。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP