MotoGP

モルビデッリ『ヴィニャーレスを抜く気はなかったが、スリップストリームに引き込まれてしまった…』2019アルゼンチンGP



『モルビデッリ:ヴィニャーレスを抜く気はなかったが、スリップストリームに引き込まれてしまった…』

★3月31日(日)、アルゼンチンGP決勝でフランコ・モルビデッリ(ヤマハ・ペトロナスSRT)が最終ラップでマーヴェリック・ヴィニャーレスに追突して転倒リタイヤとなった。

★モルビデッリ選手のコメント。

「物凄く良いレースだったんです…ドヴィやヴァレと集団での接触戦になって、あの2人に喰い付いて行きたかったんです。
レース終盤、マーヴェリック(ヴィニャーレス)が追い上げてきたんで、彼やペトルッチと競り合って行ければって思ったんです。
マーヴェリックに攻撃を仕掛けるつもりはなかったし、なにか特殊なことをしようとしていたわけでもありません。スリップストリームのせいでマシンを止めるのが困難になり、結局、ぶつかってしまったんです。
目標は完走して6位になることだったから、誰かにオーバーテイクを仕掛けようって言う気持ちはありませんでした。あいにく、あの区間へはかなりのスピードで差し掛かって行き、スリップストリームに引っ張られてマーヴェリックにぶつかってしまったんです。
転倒後、マーヴェリックが近寄って来て、『大丈夫?』って訊いてくれました。」

(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)


モルビデッリ選手がロッシ師匠レベルの走りをするには、もっと経験が必要って話は有料閲覧『note』で!!

POSTED COMMENT

  1. ジージ より:

    チームメイトは丁寧に乗っていたけど、フランコはちょっと荒いかなぁ?ちょこちょこダニロ達と接触したりしてたね。
    転倒の際、マーベリックのクリーンな対応にびっくりしたのでは?

  2. スメル より:

    ビニャーレスなんてイイ奴…

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP