Moto3 category

ジャウメ・マシア初優勝『もっと簡単なものだと思ってた(感涙)』2019アルゼンチンGP

『ジャウメ・マシア初優勝:もっと簡単なものだと思ってた(感涙)』

★3月31日(日)、アルゼンチンGPモト3決勝でジャウメ・マシア(18才、KTM、Bester Capital Dubai)が同クラス初の優勝を獲得した。なお、初PPも獲得していたのでポール・トゥ・ウィンだった。

★31日午前のウォームアップでセルヒオ・ガルシアと接触し転倒、マシン損壊。

★マシア選手の感涙コメント。

「こう言うものだとは思ってなかったんです…もっと、簡単なものだって思ってたもんだから(感動)。
レーズの間ずっとキチガイみたいにプッシュしてました。一息ついたりしたら、2人から抜かれてしまってたでしょうね。
本当に戦って勝ち取った優勝って感じで…でも、僕にとってもチームにとっても当然の結果だと思ってます。
目標は10位〜15位ぐらいで完走することだったんです。でも、優勝できそうなチャンスがあったんで、取りに行ってみました。
タイトルは…うちは目標にはしてないですね。」

View this post on Instagram

Sighting lap done! All ready for tomorrow 🤪🙅🏼‍♂️

Jaume Masià Vargasさん(@jaumemasia5)がシェアした投稿 –

★マシア選手は2017年、同クラスに4回ワイルドカード参戦し、好成績を収めた(9位、リタイヤ、10位、21位。初参戦のオーストリアではファーステストラップ)。

★2018年にフル参戦した際の最高リザルトは4位(アッセン)。

(参照サイト google 翻訳:『Corse di moto』)


マルケス選手が恋愛は最優先しないって話は無料閲覧『note』で!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP