MotoGP

ロッシ前編『重要なのはヤマハが僕を信じ続けてくれてること』

『ロッシ:重要なのはヤマハが僕を信じ続けてくれてること』

★2月6日(木)、『Monster Energy Yamaha MotoGP』がセパン・インターナショナル・サーキットで、2020年版 YAMAHA M1を発表した。

★ロッシ選手が次のように語った。

【今年いっぱいでファクトリーチームから外れることとなったが…】
「ある点からすると、将来のことを決めるのに少し時間をかけようと言うのは、難しい選択ではあったんです。結局、その結果、ヤマハは来年のチームを決めなければならなくなったわけでね。
ただ、僕には他の選択肢がなかったわけで…もう少し時間が必要でしたから。
僕の戦闘力がこれ以上は上がらない場合、実際に続けて行くのは無理でしょうから。
モトGPと言うのはそう言うものだし、他のスポーツだってそうでしょ。競争力を維持しながらトップでい続けようと思ったら、1年のうち11ヶ月…自分の時間の85%を費やして努力すべきでね。
もうそれほど若くもなくなると、けっこうキツいことだし、それがヴァレンティーノ・ロッシであれば尚更なんですよ。
とにかく、現役継続となった場合はこのままサポートしてくれるのかどうかヤマハに訊いたところ、承諾してくれました。
いずれにせよ、第一目標は2021年も現役継続することです。チームはペトロナスになるでしょう…ハイレベルなチームだし、何も変わらないでしょう。」

【次の契約が1年契約だった場合は?】
「もう1年毎に判断してますからね。それがベストだと思うし、ヤマハの方でも同意してくれてます。」

【ペトロナスに移籍となった場合、チームはゼロから作り上げていくの?】
「その点については、まだ話し合ってないんですが、ファビオ(クアルタラロー)がどうするつもりかに依るでしょうね。彼が判断していくことになるでしょう。
変えるとなれば、すべて変えることもできるわけだし。とにかく、今は何も決まってません。
重要なのはヤマハが僕を信じ続けてくれていると言うこと…そして、(現役継続となった場合)最大限のサポートしてくれると言うことです。」

【こうなることも予想していた?】
「ヤマハは然るべき決断をしましたよ。ファビオはルーキー年に物凄い走りをしてたのだから。ある程度は予想できただろうけど、ここまでとは思っていなかったでしょう。
ファビオは若くて強いのだし…まぁ、つまり、ヤマハは上手く動いたと言うことです。」

【然るべき選択だと思う?】
「別格クラスのホンダを相手に、2位を何回か取ったわけですからね。ヴァレンシアとかブリーラムでのパフォーマンスなんか、けっこう記憶に残っているし。実に高い戦闘力だったし、マルケス相手に戦うなんて容易なことじゃないから。」

【今年からホルヘ・ロレンソがテストライダーとなったが…】
「ヤマハにとっては完璧なチョイスですよね。僕個人もチームやジャーヴィス(マネージングディレクター)にけっこうプッシュしてたんですよ…『ホルヘと話してみて。(テストライダーに)狙ってみなよ』って。
ホルヘはホンダ機で苦戦してたから、パフォーマンスを疑問視する者もいたかもしれないが、ヤマハ機に1日乗ればまた速く走れるって分かってましたから。実際、そうだったし。
現在のモトGPは速いテストライダーが必要なんですよ。然るべきフィードバックを出し、マシンの成長を促せるようなね。」

[ 中編に続く ]


(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)


ロレンソ元選手がヤマハのテストライダーを引き受けたのは、現役復帰を狙ってるのかもって話は有料閲覧『note』で!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP