MotoGP

アプリリア『ライダー1名につきマシン1台と言うのは、どう思う?』

『アルベジアーノ:ライダー1名につきマシン1台と言うのは、どう思う?』

★アプリリアのロマーノ・アルベジアーノ氏(テクニカルディレクター)が4月22日、次のように話した。

【経費削減のため、モトGPもライダー1名につきマシン1台にしようと言う案が出ているが…】
「ジジ・ダッリーニャが率先して進めようとしている案ですね。賛否両論ですよね。
モトGPにとってそれがどう言うことかと言えば、レベルが劣化すると言うことですから。日曜午前のウォームアップでトップライダーが転倒でもしようものなら、もうレースには出られないリスクがあるわけでしょう。
SBKではやってることだが、ただ、以前は組み立てられていないセカンドマシンを裏に用意しておいてたわけだし…現在は、組み立てられた状態で置いてあるぐらいですからね。
セカンドマシンと言うのは必要だと、私は思いますよ。もしマルク・マルケスがウォームアップでマシンを壊してしまったら、どうするんですか。
SBKのようになってしまうのだろうし、諸々の理由からモトGPでは避けたいことなんじゃないんですか。」


(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)


経費削減について、ヤマハがドゥカティの発案に大反対してるって話は無料『note』で!!

POSTED COMMENT

  1. 9191 より:

    資金力豊富なホンダがスペアマシン禁止に反対するのなら分かるが。
    資金力が少ないアプリリアがスペアマシン禁止に反対する意味が分からない。

  2. いたたわ万歳(浅) より:

    お話の通りウォームアップまでの転倒で修復出来ない程にコワレてしまったらレースに出れない。

    出れないってことはチームにとってもライダー個人にとってもスポンサーからの資金調達とかがとっても難しくなる。

    資金面で厳しいチームほど切実なモンダイになるのかも。

    トプラクさんも出れなかったから(資金面のモンダイを解消すべく)移籍したのでわ?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP