MotoGP

ドルナ最新報告2『ウイルス検査キット1万個はどのように使うのか?』

『エスペレータ:ウイルス検査キット1万個はどのように使うのか?』

★4月29日、モトGPおよびSBK運営会社『ドルナ』のカルメロ・エスペレータ代表が、レース開催に関する各案の経過報告を行った。

[ 前編はこちら ]

【株主である『Bridgepoint』社が、新型コロナウイルスの検査キットを1万個購入するそうだが…】
「無観客でパドック入りする人数も抑えたなら、輸送や宿泊、ホスピタリティ等にも影響が出るわけだから…それでいかに開催するかを見極めるべく、プロトコールを作っている最中なんですよ。
それで全員、出発前とサーキット入りした際、それから、帰宅した際にウイルス検査をすることとなります。そう言うプロジェクトになってるわけです。
そのため、『Bridgepoint』の関連会社と共に、1万個の検査キット購入に向けて動いているところです。」

【パドック入りできるのは何名?】
「各チームに確認したうえで、ファクトリーが40名、プライベートが25名、モト2チームが20名、モト3チームが15名となりました。
その他にTV放映のための全人員と、あと、ドルナの方から確実にレース運営ができる最低人数が入ります。
1600名ほどになるでしょう。なお、ジャーナリストおよびコメンテーターは入れません。それから、まだはっきりとはしていないが、多分、フォトグラファーは何名か入れることになると思います。」

[ 後編に続く ]


(参照サイト google 翻訳:『Moto.it』)


ロレンソ選手が「ロッシの10回目タイトル獲得の可能性はまだある」って言ってる話は無料『note』で!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP