MotoE

ドヴィ契約、ポル&弟マルケス移籍について:ザマーニ企画

『ドヴィ契約、ポル&弟マルケス移籍について』

★7月15日、ジョヴァンニ・ザマーニ記者(伊衛星TVレポーター)が司会をするなか、シモーネ・バッティステッラ(ドヴィツィオーゾ選手マネージャー)とカルロ・ペルナット(伊モトGP業界ご意見番)がモトGP業界で注目されている話題について語った。

ザマーニ
「アンドレア・ドヴィツィオーゾのケガの具合はどう?」

バッティステッラ
「良好ですよ。ベストな形で回復できましたね。1日2回のトレーニングを行い、術後2日目からはリハビリもしてました。
筋肉の調子も良好で、あとはヘレスで実際にマシンに乗ってみて、あの極端なコンディションの中でどうなるかを見てみる必要がありますね。
あと、契約関係に関しては、特になんの進展もありません。(ドゥカティは)4〜5戦の様子を見て、必要とあらば話し合いをしようと言うことなので…(※ザマーニ注釈:つまり、必要がなければオファーを出さない可能性もあると言うこと)。
アンドレアは落ち着いた様子で、今シーズンに集中していますよ。」

ペルナット
「つまり、我々は皆、ドゥカティ側の酔狂に付き合ってると言うことでしょ。まったく、なんの様子を見たいもんだか。馬鹿馬鹿しい。」

ザマーニ
「ホンダについてだが…ポル・エスパルガロのファクトリー入り、アレックス・マルケスのLCR入りについては?」

ペルナット
「トチ狂ってるね。本来ならば、まったく逆のことをすべきでしょ。2020年にアレックスをLCRに入れ、クラッチローをファクトリーに入れるべきだたんですよ。
おそらく、アルベルト・プーチがマルク・マルケスとの約束を反故にしたってとこなんでしょう。最初から合意が取れてたとは思えないね。
ヘレス初日、プーチがピットボックスに足を踏み入れるかどうか…見てみたかったですよ。」

バッティステッラ
すべて想定内なのだとしたら、なぜ最初からああ言う風にしないんでしょうね。
本来ならば他のライダーを…ザルコかクラッチローを入れて(ファクトリーチームを)1年間保たせるべきであり…アレックス・マルケスよりそちらのライダーの方が良いと思うなら、アレックスを(ファクトリーに)入れるべきではないでしょう。
今回、発表された配置が然るべきものであって…ただ、1年遅れで、そう言う風になったのでしょうね。」

[ 後編に続く ]


(参照サイト google 翻訳:『Moto.it』)
(Photo:Instagram


ロッシ選手のホンダ500ccクラス昇格の想い出については有料『note』で!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP