MotoGP

アレックス・マルケス『新人らしいミスをしてしまった』2020テルエルGP

『アレックス・マルケス:新人らしいミスをしてしまった』

★10月25日(日)、テルエルGP決勝戦でアレックス・マルケス(ホンダファクトリー)が第14ラップで4位を走行中、転倒リタイヤとなった。

★先行していたジョアン・ミールとは僅差だった。

★アレックス選手は、唯一、フロントにハードを選択していた。

★アレックス選手のコメント。

「今日は新人らしいミスをしてしまって、本当に残念です。自分にとっても、チームにとっても残念でした。
僕がミスをして転倒してしまいました。あの瞬間、3回目表彰台を獲得することを考えすぎていたんです。その結果、焦ってミスをしてしまったんです。
もちろん、今後レースに向け、今回のミスからしっかり学んでいくようにします。」

【タイヤ選択については?】
「タイヤは転倒したこととは無関係です。FP4でフロントハードが良い感じだったんで、先週のレースのことも考えつつ、こう言う選択にしました。先週はタイヤ選択のせいで優勝できなかったわけですから。
今日のは正しい選択だったと思います。レースの間、良い感触でしたから。」


(参照サイト:『Gpone』)

アレックス選手は来年、本当にホンダLCRに移籍しても良いのか?って話は、note『アラゴンGPまとめ』でどうぞ!

POSTED COMMENT

  1. へほへも より:

    大丈夫だよ
    新人じゃないお兄さんもよくコケるから(笑)

  2. 岸本ジョン より:

    兄マルケスは練習走行で限界値を試して転倒しますね。
    そしてセッティングを煮詰めて本番に挑むという形。
    残り三戦ですが優勝を狙える位置にいるでしょうね。

  3. 田中 より:

    アレックスは好調を維持してるから問題なし。兄も良く転ぶし。怪我もないので、全く気にしてないでしょう、本人も。

    気温が低くても強い走りができるのは、残り三戦でも有利なはず。

    また同じサーキットの二戦目で調子を上げるのではなく、一戦目から本番に強い。きっとサンマリノの事後テストでベースセッティングを見つけているのでしょう。

    予選という課題はあるものの、予選より決勝が強い選手は業界内でも評価高いですからね。

    また表彰台に立てるよう自分に合うマシンに仕上げて。期待してるよ、アレックス。

    パンデミックの影響で、ないとは思うもののバレンシアに兄が来てくれれば、より気持ちも落ち着いてレースに集中できるかなぁ~?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP