MotoGP

ストーナー悪化、慢性疲労症候群

『ストーナー悪化、慢性疲労症候群』

ケーシー・ストーナー(2007/2011年モトGP総合優勝)は2年前に慢性疲労症候群と診断され、闘病を続けている。

★ストーナー元選手が、最近、スペイン紙のインタビューで次のように話した。

「何ヶ月もの間、これと言った理由もなく体調が悪化していく感じでした。トレーニングに行っては、疲労困憊して戻ってくるの繰り返しで…。
治療法が見つかったと思ってたんです。誰よりも訓練してきたし、快方に向かっていると…でも、間違いでした。実際は病魔におかされてきていて、上手く対処できない状態なんです。
今年1年、最初の半年はほとんどベッドかソファーで過ごしていました。今は少し良くなっていて…エネルギーをどう振り分ければ良いか分かってきたんですよ。
朝は50%ぐらいのエネルギー状態で始まり、あとはどんどん消耗していき空になるって言う感じです。そのせいで、生活様式を見直しました。
調子の良い日は娘達と遊んだり、ゴルフに行けたりもするんですけどね。
ここ2年でオートバイに乗ったのは2回だけです。釣りには行ったけど…でも、最後に行ったのがいつなのか覚えてないですね。」

(参照サイト:『Moto.it』)
(Photo:Instagram

ヴァレンシア2戦&ポルトガルの『GPまとめ』を3本とも読むなら『まぐまぐ』がお得です!

created by Rinker
第一三共ヘルスケア株式会社
¥4,800
(2021/09/28 01:00:58時点 Amazon調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. タディの星に願いを より:

    乳糖不耐症の関連があるんでしょうね、糖代謝組織の異常じゃないかな、ケトン体に戻して、ジョンズ・ホプキンス大で診てもらってほしい。

  2. クラッシー より:

    なんとか治療がうまくいってほしいですね
    8耐でも、鈴鹿のイベントでもいいので元気な姿を見せてほしいです。

  3. owsaikou より:

    そんな、、何とも寂しいです。
    超絶なる才能と努力、まだ若い。現役たちに「やはりケーシーは・・・」
    と言わしめて欲しい。

  4. 774R より:

    >ここ2年でオートバイに乗ったのは2回だけ
    あれほどのライダーだったのに、あまりにも悲しい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP