MotoGP

マルク・マルケス、プレゼン撮影に影武者を使っていた

『マルク・マルケス、プレゼン撮影に影武者を使っていた』

★コロナ禍によりモトGPの各チームはオンラインでのプレゼンテーションとなったため、写真撮影を早めに行っている。

★ホンダファクトリーは同撮影を、スペインのマンレーサにあるピレッリの旧工場で行った。

★また、プレゼンテーション用映像ではマルク・マルケス&ポル・エスパルガロが同工場跡地内を低速でマシン走行しているシーンがあるが、マルケス選手は実際には走行しておらず、影武者が使用されている。

★影武者の正体は公表されていないが、スペインからの情報によれば、スペイン選手権やカタローニャ選手権で活躍していた元選手で、以前にも影武者役をやったことがある人物の模様。

★マルケス選手のコメント。

「僕はマシンに乗ってません。プレゼンテーション用の写真撮影は僕がしたけど、ビデオ撮影の方は僕じゃないんですよ。動いているマシンに乗るのは禁止されてるんで。
昨日、初めてロードバイクに乗ったんですが、良い感じで…30分ほど乗りました。医師陣からの指示なんで、許可が出たら(オートバイでも)走ってみますよ。」


(参照サイト:『Corse di moto』)

マルケス選手のプレート破損には別の真実があり、チームがそれを隠蔽したのか?って話は、note『マルケス、プレート破損に疑惑勃発&レース欠場についてのお金の話』でどうぞ!

POSTED COMMENT

  1. チャバネッティ より:

    代役ではなく「影武者」ねぇ
    代役でビデオ撮影しては駄目って契約があるわけじゃないんだろ?

  2. だめにんげん より:

    公表してるんだから影武者ではないよな笑

  3. 落ち武者 より:

    影武者ってのは管理人の訳した言葉で実際は代役が正しい
    マルク本人が自分は走ってませんって言ってるんだし
    代役を使ってはいけないという規約も無いんだから何も問題無いんじゃない?

    • La Chirico より:

      通常、イタリアのモトGP記事で、『代役』と言う意味では『Sostituto(代理、代役)』と言う単語が使われるのですが、今回は『Controfigura(スタンドイン、代役、替え玉)』と言う単語が使われていたので、あえて『影武者』と言う訳を選びました。

  4. チャオ より:

    なるほどね、MotoGPで代理とか代役ってのも何か違う感じもするし
    影武者ってパワーワードをチョイスしたセンスはキライじゃないな(笑)
    でも、マルケスの腕も随分と動かしてて保護もしてないから、パッと見
    では回復して見えますね。ロードバイクにも乗るみたいだし、意外と
    早期で復帰して来そうな予感。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP