MotoGP

『ロッシ&モルビデッリ、目標は同じでもチャンスの度合いは違う』ラモン・フォルカーダ

『フォルカーダ:ロッシ&モルビデッリは、目標は同じでもチャンスの度合いは違う』

★カタールサーキットで3月6〜7日、10〜12日の計5日間、モトGP公式テストが行われた。

同テストの総合順位は、ヤマハ・ペトロナスSRTチームのフランコ・モルビデッリが4位、ヴァレンティーノ・ロッシが11位だった。

★なお、ヤマハ選手4名のなかでモルビデッリ選手のみが、型落ちマシン『スペックA』を使用している。

★モルビデッリ選手のチーフメカニックを務めるラモン・フォルカーダ氏が、テスト終了後、次のように話した。

【新フレームについては…】
「新マテリアルはたくさんありましたよ…まぁ、大きく変わったものは、うちには来ませんでしたけどね。」

【マシンは、昨年、3勝をあげた好ベースで作業を始めたそうで…】
「モルビデッリは、世界チャンピオンになる準備はできてます。そこを目指して行くには、うちは他の選手らよりももう一歩余計に乗り越えていかなければなりませんけどね。まぁ、別に最低の状態ではないから。」

【昨年は、わずか13ポイント差でタイトルを逃してしまったが…】
「もっとコンスタントに行かないと。去年のラスト5戦みたいな走りを全戦でできればねぇ…。精神的に鍛えてきたようですけどね。」

【新チームメイトのロッシ選手は最新機にもかかわらず、モルビデッリ選手より苦戦しているようだが…】
「フランコにとっては友人であり、こう言う状況はとにかく初めてなんでね。チャンピオンシップのことを思えば、本当に友人と言えるような間柄の選手らはそれほどいませんからね。
まぁ、2人とも賢いタイプで、あくまでも個人競技なんだと言うことは承知してるんで。1日約22時間は友人でいられても、1時間半はライバルになるわけですからね。
目標は同じでも、チャンスの度合いは違うから。確かに、ロッシの経験はマシン改善に役立ってますけどね。」


(参照サイト:『Corse di moto』)

ロッシ選手との交際ってどんな感じなのか?って話は、note『素顔のロッシとは?結婚秒読みか!?:今カノが初めて明かす真実』でどうぞ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP