MotoGP

予選こぼれ話:各記録、名コメント等:2022バレンシアGP

『2022バレンシアGP予選こぼれ話』

★11月5日(土)、バレンシアGP モトGPクラスの予選が行われ、ジョヴァンニ・ザマーニ記者(イタリア衛星放送『SKY』レポーター)が以下の考察記事を出した。

★ペースタイム上位10名(FP4でのベストタイム7周の平均)

首位オリヴェイラ[1’31”040]
2位クアルタラロー[1’31”194]
3位マルティン[1’31”307]
4位ミラー[1’31”323]
5位ザルコ[1’31”448]
6位アレイシ・エスパルガロ[1’31”484]
7位マリーニ[1’31”492]
8位ミール[1’31”498]
9位ビンダー[1’31”516]
10位[1’31”603] ※選手名が無記載
11位ヴィニャーレス[1’32”417]
12位マルク・マルケス[1’31”733]

★エネア・バスティアニーニがグリッド13位だが、総合3位獲得の可能性はあるのか?

《1ポイント差で総合3位争いをしているアレイシ・エスパルガロは、グリッド10位スタートで、バスティアニーニよりもペースが良い。
そうした点からすると可能性は低いが、ただし、通常、バスティアニーニはレース本番が好調な選手である。
このため、総合3位獲得の可能性は50%と私は見ている。》

★ミゲル・オリヴェイラはペースタイム首位だが、優勝や表彰台は狙えるのか?

《これまでの記録によれば、ヴァレンシアGP優勝の79%は1列目スタートだった選手であり、3列目以降のスタートでの優勝は皆無だ。
オリヴェイラはグリッド14位スタートなため、同記録からすると超難関であり、ほぼ不可能だろう。唯一の望みはオリヴェイラが超絶好スタートを切ることであり、過去にそうした実績はあるものの、とにかく可能性は引く。》

★今回の各種記録について。

・ホルヘ・マルティンが、キャリア9回目PPを獲得した。今季5回で、3戦連続である。また、ヴァレンシアでは2年連続。ただし、マルティンがPPスタートで優勝したのは、2021年オーストリア戦1回のみである。

・ドゥカティにとっては、今季16回目PP獲得である。タイ記録は2011年のホンダだが、当時は年間18GPしかなかった。

・ドゥカティ機がファーストローに入るのは、40戦連続である。

・マーヴェリック・ヴィニャーレスの予選6位は、アプリリア機がヴァレンシアで獲得した最高グリッド順位である。

・フランチェスコ・バニャイアが予選8位だった。今シーズン、グリッド1〜2列目を獲得できなかったのは6回目である。

★予選後の注目コメント。

バニャイア
「何が恐いかってって言えば…明日、チャンピオンになれるかもしれないってことが恐いです。」

クアルタラロー
「バニャイアのことは気にしてない。」

マルク・マルケス
「明日のレース中、たとえクアルタラローにコースから押し出されるようなことになっても、気持ちは分かる。」

(参照サイト:『Moto.it』)
(Photo:Instagram

ドゥカティ幹部、レース中の三者協議は何を話してたのか?については、無料noteでどうぞ!

created by Rinker
バンダイ(BANDAI)
¥3,980
(2022/11/26 20:17:50時点 Amazon調べ-詳細)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP