SBK SuperBike

ジョナサン・レイ『引退を考えるが、離婚も避けなければならないし…』

『レイ:引退を考えるが、離婚も避けなければならないし…』

ジョナサン・レイ(カワサキ、34才)は2020年、スーパーバイク世界選手権(SBK)で6年連続タイトルを獲得した。

★レイ選手は2021年、カワサキからのSBK参戦7年目となる。

★最近、レイ選手が次のように話した。

【昨年、カワサキと『複数年』と言うことで契約更改していたが、あと何年ぐらい…?】
「残りの人生、もうレースに出る必要はないぐらい、財政的にはしっかりとした状態なんですけどね。レースから離れたとこでも、良い人生を送っているし。
僕はレース参戦が好きだし、競争することが好きなんですよ。まぁ、カワサキがどう言うつもりでいるかにも依りますけどね。今後、引退後のことも考えていきますよ。何か僕向きの役職があるのかどうか…(カワサキと)話してみますよ。テストライダーとか、アンバサダーとか、チーム運営の中での何かとか。
毎日、しかも一日中、妻と2人で家で過ごすことになったりしたら、早々に離婚なんてことになってしまうだろうから。何か、やることがないとね。
まぁ、引退したあと、その後のことを考えるには、1年は必要でしょうかねぇ。オーストリアに移住するとか…分かりませんけどね。」

【カワサキから他のメーカーに移籍する可能性は?】
「今のところ、ありませんね。これまでのキャリアで、良い思い出のほとんどはカワサキでの思い出だから。」


(参照サイト:『Gpone』)
(Photo:Instagram

スズキのブリヴィオ後任に加賀山元選手も候補に上がってるのでは?って話は、note『スズキは誰をブリヴィオ後任にするのか?』でどうぞ!

POSTED COMMENT

  1. メロン より:

    テストライダーとか、アンバサダーとか、チーム運営関連のどれでもいいから

    是非今後もカワサキの人で活躍してもらいたいですね!!

  2. POP84 より:

    今no
    欧州ライダーの関心がないと思われるデイトナ200マイルでも最後に挑戦してほしい所。
    マン島TTは無いでしょうし。

  3. ジョルジョ99 より:

    本当にカワサキのジョニーになりましたね。
    今後、連覇記録を越える、可能性のあるライダーと共に伝説として語られるのだろうね。
    奥さんとは子供も居るし、大丈夫じゃないの?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP