MotoGP

ミザノテスト:スピーズ代役はヨニー・エルナンデス、スズキも参加

ミザノ戦明けの月曜日、モトGPテストが行なわれたんですが…
ベン・スピーズ選手の代役に決まったエルナンデス選手が、早速、参加しとりますな。

motoit-misanotest.jpg

★ミザノ・サーキットで9月16日、モトGPのIRTAテストが行なわれた。

★ドゥカティではベン・スピーズ(Ignite Pramac Racing)代役に決定したヨニー・エルナンデスが今回のテストに参加し、アラゴン次戦に向けスピーズ機を試乗した。
一方、イアンノーネ選手はブレンボ・ブレーキに集中。ドヴィツィオーゾ/ヘイデン両選手はブレーキに集中し、ドヴィツィオーゾ選手の方はギアボックス改良版のテストも行なった。
また、ピッロテストライダーは2014年に向けエンジン開発を続けた。

★ヤマハではロレンソ/ロッシ両選手が2014年に向けてのM1機を試乗。エンジン設定やセットアップ等が新しくなった。
また、テック3のクラッチロー選手はシルバーストーンでの転倒以降の自信喪失を取り戻すべく周回を重ね、スミス選手は新サスペンションおよびマシン・ポジションに集中していた。

★ホンダのペドロサ/マルケス両選手は2014年プロトタイプ機の開発版を試乗。本来ならば先頃、ケーシー・ストーナーが茂木で試乗するはずだったマシンだが、悪天候により中止となった。
グレジーニ・チームではショーワのフロントフォーク改良版およびニッシンのブレーキをテスト。LCRチームではジェオメトリーおよびサスペンション細部のテストを行なった。

★今回のテストにはスズキも参加。アオキおよびランディ・ド・プニエが、シャーシおよびエンジン細部のテストに集中した。今回も三菱制の電制システムを使用。

(Source:2013年09月16日 Moto.it記事より抜粋)


omnicorse-hernandez.jpg

★ミザノ・サーキットで9月16日、モトGPのIRTAテストが行なわれた。昨夜の降雨により、コースの大部分は濡れた状態だった。

★ベン・スピーズの代役となったヨニー・エルナンデス(コロンビア出身)が、デスモセディチGP13機で計65周回をこなし、64周目に1分36秒277を記録。

★エルナンデス選手のコメント。
「嬉しいです…僕が乗り馴れてるマシンに比べ、ポテンシャルが本当に凄いし、電制システムは完全に別物ですね。もっと速くするにはライディング・スタイルを変えなければなりません。でも、今日、これまでの人生で一番良いマシンに乗れたんです。一生懸命頑張らなければ…フィーリングを掴んで、精一杯やるつもりです。好レースペースを掴むのに、走りこむ必要がありますね。でも、CRT機でのいつものタイムより良かったんですよ。マシンを把握するためにも時間が必要です。今、言えることはそれだけですね。体調も良いし、初日にしては悪くなかった。今回のチャンスを与えてくれたプラマックとドゥカティには感謝しています。」
(Source:2013年09月16日 Omnicorse.it記事より抜粋)


んで、こちらがテスト・リザルト!!

motogp_test__misano_classification_1.jpg




怪童くん…相変わらず進撃しとりますな…クリックPrego

人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP