BSB

BSB 最終ラウンド:アレックス・ローズ、最年少チャンピオン誕生

BSBの最終戦は総合首位のシェーン・バーン(カワサキ)が604ポイント、2位のアレックス・ローズが603ポイントと僅差で始まり、最後まで分からない展開でしたが……
結果はこちら
アレックス・ローズ、BSB優勝おめでとうございます!!

『BSB:アレックス・ローズ、最年少チャンピオン誕生』

brands_hatch__race3_lowespodium.jpg

★2013ブリティッシュ・スーパーバイク(BSB)の最終ラウンドがブランズ・ハッチで行われ、ジョシュ・ブルックス(スズキ)がトリプル優勝。そしてアレックス・ローズ(ホンダ)の総合優勝が決まりシーズンの幕を閉じた。

★ローズ選手は23歳、イギリス出身でサムスン・ホンダチームから参戦し、BSB史上最年少チャンピオンとなった。

★アレックス・ローズの双子の兄弟であるサム・ローズは、先週、スーパースポーツ世界選手権でタイトルを獲得したばかり。今回、双子の兄弟が揃ってチャンピオンの座についた。

★アレックス・ローズ、コメント
「もの凄くハッピーです!これで、この冬はサム(双子の兄弟)に馬鹿にされずに済みましたよ。もし僕が総合2位だったら、そうしたに決まってますから。最後のレースは信じられないくらい難しいレースでした。どれだけプッシュしていいのか分からなくて……ボックスからはシェーキー(バーン)が近づいてるって言ってきて…待ってましたって感じでね。集中力を保てるかどうかって問題で…オーバーテークを掛けられた時は、タイトルが欲しければ、またやり返さなくてはいけない事も良く分かっていたし…だから、最大限プッシュしなければなりませんでした。本当に危険な場面に遭遇した事もあったけど、幸い、上手く切り抜け、打ち倒す事ができました。本当に信じられないような事でしたよ。」

(Source:2013年10月21日 Motoblog 記事より抜粋)

先日、当ブログでお伝えしたGponeのニュース(こちら)では、サム・ローズは2014年からモト2に参戦する事が決定していますが、チームは未定。
一方、アレックスはSBKのチームパタ・ホンダへと言う噂もありましたが、ジョナサン・レイが契約更新したため、その後、話は立ち消えになっており…
双子のローズ兄弟の去就が気になりますな。



恐るべき双子のシンクロナイズ。クリックPrego

人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP