MotoGP

フレディ・スペンサー『カタール戦のマルケスは全力を出していない』


さて、フレディ・スペンサー元選手と言えば、かつて数多の記録を打ち立て…
それを昨年のマルケス選手が次々と塗り替えて行っとりましたが…
んで、スペンサー元選手が先のカタール戦を観て、こんなコメントを出しております。

『スペンサー:カタールは新生マルケス』

gpone-spencer-marquez.jpg


★フレディ・スペンサー(1983年500ccクラスで史上最年少チャンピオンとなる。1985年には500/250cc両クラスでチャンピオン獲得)がラスベガスのコースにライディング・スクールを開校し、現在はフランスのポール・リカールサーキットでの新プロジェクトを立ち上げている最中である。

★先のカタール戦は自宅でTV観戦したと言うスペンサー氏のコメント。
「マルケスが100%の力を出したとは思えないね…そうする必要もなかったのでしょ。やらねばならない時に、やらねばならない事をしたわけで…FPや必要がない時にはリスクは冒さなかった。去年とはアプローチが違いますよね…転倒もなし、周回も最低限に抑えて…自分をコントロールできるようになったんでしょ。

ヴァレンティーノ(ロッシ)はチーフメカニックを替え、それと共に今やプレッシャーも刺激もいつもより増してるね。自分の将来は序盤6レースにかかっていると言った時、本音で言ってるなって思いましたよ。去年のアッセン戦での優勝は彼にとっては意義深いもので…また勝てるようになると言う事が事実となったのだから。

(ロレンソ選手は)転倒がなければ、容易に打ち負かせるような相手ではなかったでしょうね。タイヤでトラブってるのは分かりますよ…私も初めてラジアルタイヤを試した時は、上手く走らせる事ができなくてね。ホルヘにとっては信頼感が若干損なわれた程度の話なんだろうが、彼は非常にデリケートなライダーだから。こう言う場合は難しいでしょ。限界がどこかを見つけ出し、状況を受入れ、マシンを適応させなければね。

(ドゥカティについては)今のところオープン機のパフォーマンスが接近していたが、まぁ、それが続いて行くかどうかだね。ドゥカティの選択に関しては理解できますよ。戦闘力を高めたいのだし、そのチャンスを掴んだと言う事でしょ。とにかく新レギュレーションはレースを興味深いものにしてくれましたよ。」
(Source:2014年04月01日 Gpone記事より抜粋)



そして、当のマルケス選手と言えば…
おっ!
トライアルの藤波選手と一緒じゃないですか!!

『マルケス兄弟、フジナミと一緒』

motosprint-marquez-fujinami.jpg


★マルク&アレックス・マルクス兄弟が、タカヒサ・フジナミと共にトレーニングを行なった。

★フジナミ選手はホンダのトライアルチーム『Honda Montesa』で、トニ・ボウのチームメイトを務めている。
(Source:2014年04月01日 Motosprint記事より抜粋)


[amazonjs asin=”B007ISJHFG” locale=”JP” title=”SPIDI(スピーディ) LEGEND GLOVE(レジェンドグローブ) FREDDIE SPENCER (フレディー・スペンサー) レッドxブルーxホワイト Lサイズ”]
[amazonjs asin=”B00IJCU3ZI” locale=”JP” title=”マルク・マルケス ―Beyond the Smile- DVD”]

あと10日ほどでオースティン次戦♡クリックPrego

人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP